ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Framer for Android Wear : Android Wearスマートウッチのディスプレイを疑似的にラウンド型や円型などに変更できるアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android Wear のディスプレイ上に様々なフレームを被せて全体の外観を変更できる面白い Android Wear 用アプリ「Framer for Android Wear」が Google Play ストアにリリースされました。Android Wearの表示枠というのは、ディスプレイの形状に従うのが常識だと思いますが、このアプリで円型やラウンド型のフレームを選択すると、上図のようにスマートウォッチの表示枠を疑似的に変更することができます。アプリの操作方法は、スマートフォンまたは Android Wear 上で「Framer」アプリを起動し、リストの「None」以外はフレームなので好きなものを選択します。現在アプリに収録されているフレームは、四隅がラウンド化した「Rounded」3 つ、サークル型の「Round」1 つ、Moto 360 風の「Flat」1 つ。そのほか、画面にヒビが入ったかのように見える「Scratched」や割れたかのように見える「Broked」など、特殊なものもあります。このアプリは Moto 360 のような円型ディスプレイを搭載した機種よりも、SmartWatch 3 や ZenWatch のようなスクエア型ディスプレイの製品に合うと思います。フレームの分だけ表示領域が狭くなりますが…。Framer for Android Wear」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Oprea Maxがアジア・アフリカなど21か国でも利用可能に
KDDI、「AQUOS SERIE mini SHV31」を1月29日に、ジュニア向けスマートフォン「miraie KYL23」を1月30日に発売
サンワサプライ、スマートフォン・タブレット用のタッチペン4製品を新発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP