ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有名漫画家が漫画を持ち込むも漫画誌に門前払いを喰らう

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ゲームラボや小学館系の漫画誌はもとより、フジテレビ『未来予報士ツギクル』のアニメーションや、かつてテレビ東京の『おはスタ』でキャラクターデザインなどをしていた漫画家・ピョコタン先生が、漫画誌に漫画の持ち込みをするも、ボツを喰らって門前払いされていたことが判明した
 
ピョコタン先生は高校時代から漫画を描きはじめ、卒業後にカルチャーブレーン専門学校に入学。常に勉学に励みつつも、漫画を投稿したり、持ち込みなどを繰り返し、現在まで『コロコロコミック』や『ゲームラボ』など、多くの雑誌に漫画を連載・掲載してきた。つまり、漫画家としてかなりのプロである。
 
そんなピョコタン先生が、より贅沢な暮らしをするために、持ち込み用の漫画を執筆。原作に知人のお笑いコンビ・さくらんぼブービーをむかえ、「これは完璧だ!」と思える作品を作り上げたのだ。そのタイトルは『ケムシトリ』。とりあえずペンで書く前に下書きの状態でとある漫画誌に持ち込みをしたピョコタン先生。その結果は……。

編集者に「読者はこういうの求めてない」「うちの雑誌みたことある?」「僕は好きだけど無理」と言われ、ほぼ門前払い状態だったという。ピョコタン先生はこれにめげず、小学館、集英社、秋田書店、講談社など、多数の出版社をまわったものの、「後日連絡します」と言われたまま返答がないとのこと。
 
このことに関して某漫画雑誌編集者にお話をうかがったところ、「これはひどい内容だ。絶対に週刊少年漫画誌では無理だと思うが、ダメモトで漫画を掲載してくれる出版社を募集したらどうか?」とのこと。ということで、この漫画を雑誌に掲載したという商業誌の編集者の皆さん! 本気で載せてみたいとお考えならば、こちらから件名を「ピョコタン先生救済の件について」としてご一報をいただきたい。ピョコタン先生も「こんな面白い漫画はない。きっと6社くらい申し出があるはずだ」と当編集部に話している。
 
ちなみにこの漫画、どんなストーリーかといえば、少年の鼻毛を抜いたらどんどん毛がモジャモジャになりだして、異次元空間の穴が開くというもの。すべての漫画を読みたい方は、下書きだが『ケムシトリ』公式サイトから読むことができるので、ご購読いただきたい。はたして、この漫画は印刷される日が来るのだろうか。期待してその日を待ちたい(このニュースの元記事はこちら)。
 
 
こんなエンタメに関する記事もあります
【楽しい実験】ひろゆきVS周二郎探検隊 米測5キログラム【重力坂特別編】
報道ステーションは電話未公開なのに女児からFAXが届く
「松村邦洋が都内病院で死亡」とデマ流れる
NHK出演者に聞く「テレビはこれからどこへ行く?」

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP