ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Oprea Maxがアジア・アフリカなど21か国でも利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Opera Software がパケット通信時のデータ通信量を節約できる Android アプリ「Opera Max」の提供国をアジアやアフリカを中心に 21 か国追加しました。Opera Max は日本では昨年 11 月より公式に提供されており、今回は新たに、ベトナム、フィリピン、タイ、アルジェリア、バーレーン、エジプト、フィジー、イラン、イスラエル、ヨルダン、クウェート、レバノン、モロッコ、ネパール、オマーン、カタール、サウジアラビア、スリランカ、チュニジア、UAE、イエメンでの提供も始まりました。Opera Max は、パケット通信中にアプリの通信データを圧縮するアプリで、Opera ブラウザに組み込まれている「オフロードモード」を全アプリに拡張したようなものです。上記の国々は、先進国と比較すると LTE が普及しておらず、また、従量制課金プランの利用者も多いことから、圧縮などによって通信量を抑制する Opera Max の価値は高いと思います。Source : Opera


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、「AQUOS SERIE mini SHV31」を1月29日に、ジュニア向けスマートフォン「miraie KYL23」を1月30日に発売
サンワサプライ、スマートフォン・タブレット用のタッチペン4製品を新発売
「OnePlus 2」はSnapdragon 810を搭載、発売が2015年Q3に遅れる可能性も

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP