体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トリニティ製Xperia Z3 Compact用Simplism薄型ケース(TR-CCXPZ3C)を試す

デジタル・IT

トリニティより Xperia Z3 Compact 用として発売された厚さ 0.7mm の薄型ハードケース「Simplism Ultra Thin Case for Xperia Z3 Compact 超極薄ケース(ストラップ・保護フィルム)TR-CCXPZ3C」を入手したので、その使用感を紹介します。トリニティの TR-CCXPZ3C シリーズは同社の Simplism ブランドの薄型スマートフォンケースで、シリコンケースよりも硬く、ポリカーボネイト製の多いハードシェルよりも若干柔らかいといった硬さです。質量はわずか 8g と軽量。TR-CCXPZ3C にはクリア、ブラック、オレンジ、グリーンのカラーリングがあります。今回入手したのはクリアタイプで、装着すると本体が透けて見えます。透明度も高いので装着してもあまり目立ちません。また、製品パッケージにはシリコンストラップ、ディスプレイ保護フィルム(抗菌 / 光沢)、マイクロファイバークリーニングクロスが同梱しており、各色 1,920 円で販売されています。

装着完了です。装着するのは比較的容易でした。このケースは薄型で、さらに密着度も高いようだったので、持った時のサイズ感は裸の時とほとんど変わりませんでした。個人的には予想通りといった感じです。

本体がホワイトなので見づらいと思いますが、ロゴの透け具合から透明度の高さを確認できると思います。また、カメラや LED フラッシュのクリアランスもバッチリです。

ケースの側面を覆う部分の中央付近がカットされて端部よりも短いので、ディスプレイからケース部分が飛び出てスワイプ操作時に指に引っかかることはありませんでした。

ケースにはカバー・ボタン用の穴が開けられているので、本体のボタン類には直接触れます。構造上、ケース無しの場合から少し押しづらくなっていましたが、操作しづらいとは感じなかったので、許容範囲かと思います。

角を見てもケースはほんの少ししか覆わないほどコンパクトに作られています。また、ケース自体も 0.7mm という薄型です。このため、保護能力はバンパーのようなゴツいものに比べて落ちます(というか保護能力はゼロに近いかと思います)。その一方で、持った時のサイズ感は裸の状態を維持するので操作性は良好です。

このケースは薄型設計なのでスマートフォンの保護能力を最優先にしている方にはお勧めできませんが(ケースを付けているという安心感はあります)、サイズ感は変わずで、しかも、ケース素材によって端末のグリップ感も高まるようだったので、持ちやすさを改善したいという場合には最適です。

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会