ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アダム・レヴィーン、初出演映画でアカデミー賞・歌曲賞にノミネート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 マルーン5のフロントマン、アダム・レヴィーンの映画初出演作となる『はじまりのうた(Begin Again)』にて、グレッグ・アレクサンダー&ダニエル・ブライズボア作でレヴィーン自身が歌っている「ロスト・スターズ(Lost Stars)」がアカデミー賞・歌曲賞部門にノミネートされた。

 「ロスト・スターズ」はレヴィーンのレーベル、222レコードからリリース第一弾となる同映画のサウンドトラックに収録されている。222レコードはインタースコープ・レコードとのパートナーシップにより2012年2月にレヴィーンが立ち上げたレーベルで、第二弾はマルーン5の5thアルバム『V』だった。

 『ONCE ダブリンの街角で』のジョン・カーニー監督による同映画のなかで、レヴィーンは女優のキーラ・ナイトレイ演じる有能なソングライターをガールフレンドに持ったロック・スターを演じている。2人の関係が破綻寸前になると、彼女はソロになることを決意するのだ。

 以前からジョン・カーニー作品の熱烈なファンだったというレヴィーンはステートメントにて、「『はじまりのうた』で彼と一緒に仕事をする機会をもらえて、感激以外の何ものでもなかった。グレッグとダニエルのソングライティングに敬服すると共にこのサウンドトラックを222レコードからリリース出来たことを、心から誇りに思っています。このプロジェクトに関わった全員を祝福したい」と述べている。

関連記事リンク(外部サイト)

サム・スミス グラミー最有力候補の新人による日本デビューALが遂に発売、5月に単独公演も決定
2CELLOSが東京タワーにて大盛況の迫力フリーライブを敢行 ノッポンも登場したゆるふわトークも
フォール・アウト・ボーイ 今週発売の最新作にVo.パトリックからコメントが到着

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP