ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小米科技(Xiaomi)、昨年発表したBluetoothゲームコントローラーの商用版を発表、99元で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小米科技(Xiaomi)が中国・北京で行ったプレスカンファレンスで同社初の Bluetooth ゲームコントローラーを正式に発表しました。このゲームコントローラーは、昨年 9 月に開発途中のベータ版としてごく少数だけ販売された製品の商用版です。中国では 99 元(約 1,800 円)で販売されます。意外と普通の値段です。外観については、十字キーと左ステックを入れ替えたところを除いて、PC 用としてよく目にするゲームコントローラーに似ています。製品の特長は専用回路によってスタンバイ時の省電力を図ったところで、スタンバイ状態では 1 年間はもつと言われています。通信規格は Bluetooth v3.0 で、連続プレイ時間は約 80 時間とされています。また、内部には振動モーターが内蔵されており、一部のゲームと連動して本体が振動します。対応機種は、Android スマートフォン・タブレット、MiPad、Mi Box、Mi TV。Source : cnBeta


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、「Chrome モバイル転送」機能と「Print to my phone」機能の提供を2015年2月初旬に終了
HTC HIMA / M9とされる端末の実物写真が公開
ヤフー、クーポンから飲食店を探せるAndroidアプリ「クーポン from Yahoo! ロコ」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP