体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『アップルシード アルファ』荒牧監督インタビュー「10年で大きく変わったのはガジェットでは無く“スタッフ”の技術」

アップルシード アルファ

2004 年にその革新的映像世界で国内外に衝撃を与えた「アップルシード」シリーズ待望の最新作『アップルシード アルファ』 が 2015年1月17日(土)より、新宿バルト9他にて全国公開となります。

本作は「攻殻機動隊」で知られる士郎正宗による原作の世界観を、荒牧伸志監督(『キャプテンハーロック』)をはじめとするスタッフが再集結し、完全再現したSFアクション。デュナン役に声優の小松由佳さん、ブリアレオス役に諏訪部順一さんが起用され、新たな「アップルシード」の魅力を引き出しています。今回は荒牧監督に映画の見所やこだわりポイントなどをインタビュー。色々とお話を伺ってきました。

【関連記事】元フランス外人部隊のスーパーバイザーがレクチャー! “アップルシード アルファ的”超クールな銃の撃ち方
http://getnews.jp/archives/770535 [リンク]

荒牧監督

―続編『エクスマキナ』は挟んでいますが、『アップルシード』の公開からもう10年経った事に驚きました。当時私も映画館に観に行ったのでしみじみしてしまいます。

荒牧:はやいですよね。僕なんかからすると最近10年ってあっという間で(笑)。今回新たに「アップルシード」を映画化するにあたり、自分の中でテーマを定めたり、課題を課したかったのですが、そこが決まるまでに時間がかかりましたね。作品を一本作るのには数年の時間をかけるわけですから、自分のモチベーションを維持する理由を見つけないといけない、流されて作った作品には絶対したくないからですね。

―今回、英語で脚本を書かれたという事ですが、これにはどの様な意図がありましたか?

荒牧:自分は英語はしっかりと話せないので、英語の通訳さんと意思疎通しながら。最初にソフトをリリースするのが北米という事もあって、日本語で書いた脚本を英語に翻訳するだけでは表現に限界があるなと思ったんですね。アメリカで上映しても違和感の無いセリフまわし、会話にしたかったというのが理由です。

―監督がおっしゃるとおり、本作日本での劇場公開を前に北米ではすでにデジタル配信とBlu-ray、DVDがリリースされていて、日本の作品なのに面白い形式ですよね。より世界を見据えてという想いが強いのでしょうか?

荒牧:そこまでカッコイイ事が考えていないんですけどね(笑)。ただ、単純に自分の好きな作品の上映、販売地域が増えるという事が嬉しいです。アメリカ人にウケるためには……とかを詳細に分析して考えているというよりは、好きな物をこだわって作っていたら、海外の方にも受け入れてもらえたという感じでしょうか。

―CGが大迫力で、でも観ていて疲れるというわけではなく、とてもなめらかだなと感じました。

荒牧:リアル(現実)に近づこうと追求したのでは無く、光と影の演出にこだわりました。昼間に野外で立っているシーンがあるのですが、その光と影が自然で、違和感無く演出出来ているかという事を大切にしました。皆が「おお、このCGはすごい!」と驚くのでは無く、あまりにも自然で気付かないほどにしようと。廃墟の描写でもオーバーに廃墟感を出すという事では無くて「廃墟はこうだよな」と自然に思ってもらえる様に。

―今回、作品作りで新たに取り入れたガジェットや機材などはありますか?

荒牧:今回特段新しいガジェットや道具等を取り入れたという事は無いんですね。コンピュータ自体のスピードやハードディスクが大容量になって、安くなったくらいで。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。