ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

言葉で時間を表現!数字のない腕時計が面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

忙しい現代社会。日々時間に追われていると、時計の文字盤に表示される数字さえ、見たくない存在になってしまったり…。

「QLOCKTWO」という時計は、通常の時計とはまったく異なる表示形式で、疲れたあなたに優しく時を伝えてくれる。

四角いパネル上には一見アルファベットが不規則に配置されているように思えるのだが、アルファベットに明かりが灯ると、時間を知らせる言葉が浮かび上がる。

例えば「It is half past seven.」は7時半といった感じ。

商品は、壁掛けでも卓上でも使える「QLOCKTWO CLASSI」と、卓上タイプで目覚し機能およびタッチスヌーズ機能付きの「QLOCKTWO TOUCH」と、腕時計タイプの「QLOCKTWO W」の3つをラインナップ。

時計嫌いの人にもオススメのユニークな一品だ。

商品は公式サイトで販売されている。 気になる人はチェックしてみて。

QLOCKTWO
http://www.qlocktwo.com/?lang=jp

時計(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP