ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるでハリポタの魔法のマント?!物体を“透明化”する驚きのシステム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

RochesterCloak「ハリーポッター」などのファンタジーやSFの世界では、“透明になるマント”や“透明化する薬”が登場し、“透明になること”は、長年人類が描いてきた夢の1つ。そんな夢のような話が、このテクノロジー進化の時代に実現するかもしれない。

ニューヨークにあるロチェスター大学の研究チームでは、光学レンズを組み合わせることで、視界から物体を見えなくする技術を研究している。まさに、“透明になった”ような状態である。

この装置は4つのレンズを組み合わせて動作するシステムで、装置内のある範囲内に物体を置くと、レンズの微妙な配置によって、その物体周辺の光を屈折させる。すると、後ろ側の背景は通常通り見えるのに、前面側の物体は見えないという、実に不思議な現象が起こる。

RochesterCloak2しかも正面から見たときだけでなく、少し左や右のアングルから見たときにも、やはり透明化したままに見える。特別なレンズやハードウェアを用いる必要はなく、どんなサイズのレンズでもよい。研究チームでは既存のハードウェアを開発用に使っているという。

チームのメンバーの1人、Joseph Choi氏が言うには、トレイラートラックのドライバーが、トレイラーを“透明化”させて、直接後方確認をするようなことに用いたり、外科手術や軍事利用、インテリアデザインやアートにも活用できるのではないかと考えているとのこと。

この装置は構造がシンプルで、制作費用も抑えめで開発できるため、一般の人が手にしやすい点もメリットだろう。今のところ、この装置一式を制作するには1000ドルかかるが、より価格を抑えられるよう改良を進める意向だ。現在、この技術は特許出願中。

物体が“透明になって見える”という驚きの体験を早くしてみたいものである。

Rochester Cloak

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。