体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

横浜のビブレ前にある南幸橋! 歩道部分が「フワッフワ」な理由は?

横浜のビブレ前にある南幸橋! 歩道部分が「フワッフワ」な理由は?

横浜のココがキニナル!

JR横浜駅の西、すぐにある南幸橋の歩道。あのフニャフニャ感。何故に橋の部分だけ?キニナル。しかもこの橋だけみたいですが…。(ヒザたっくんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果
「歩きやすさ」を追求した結果、クッション性の良いゴムチップウレタン舗装が採用され、南幸橋以外にもさまざまな橋や遊歩道などに採用されている

フワッフワする! この橋、フワッフワする!

キニナル投稿を読んで、すぐにピントきました!

横浜駅西口、ビブレの前の橋ですよね。赤いラバーを敷いたような路面。初めて歩いたときには「地震か!?」とビビったりしたわけですが、細野的には大好きです、あの感触。(陸上部出身者としてはトラックに敷かれたラバーに近いような・・・)

自分もキニナっていました! どうしてあの場所だけフワッフワなんでしょう? 素直に知りたい、そんなキニナル。ワクワクしてきました!

横浜のビブレ前にある南幸橋! 歩道部分が「フワッフワ」な理由は?

横浜駅相鉄口、ジョイナスを背にして真っすぐ

横浜のビブレ前にある南幸橋! 歩道部分が「フワッフワ」な理由は?

こちらが問題のフニャフニャのフワッフワ橋

横浜のビブレ前にある南幸橋! 歩道部分が「フワッフワ」な理由は?

正しくは「みなみさいわいはし」漢字では「南幸橋」

横浜のビブレ前にある南幸橋! 歩道部分が「フワッフワ」な理由は?

押して弾力を確認

指の腹で押すと、かなり固めな印象。それでも弾力は感じられる。観察すると、赤い、細かくカットされたラバー(現時点ではこう呼ぶ)を貼り付けたと言うか、敷いたものだと分かる。ラバーの厚みは3mmくらい(南幸橋の設立は1954<昭和29>年だという)。

ここでこの橋、南幸橋の全景を写真に収めようとお隣の五番街からムービルへと続く幸橋(さいわいはし)に脚を向けると・・・。

横浜のビブレ前にある南幸橋! 歩道部分が「フワッフワ」な理由は?

欄干(らんかん)のモチーフはカモメとヨット。奥が幸橋

横浜のビブレ前にある南幸橋! 歩道部分が「フワッフワ」な理由は?

橋の下では鯉が泳ぐ。ハマの人面魚さんも確認

横浜のビブレ前にある南幸橋! 歩道部分が「フワッフワ」な理由は?

で、こちらもラバーが。色はキレイな青

1 2 3 4 5次のページ
はまれぽ.comの記事一覧をみる

記者:

『はまれぽ.com』は横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。 毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。 はまれぽが体を張って徹底調査、ディープでマニアックな横浜のネタを配信しています。

ウェブサイト: http://hamarepo.com/

TwitterID: hamarepo

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。