体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

正月の珍味 熊や雉を料理してみた

DSC_08020-1

ライター業をかねて食品コーディネーターの仕事もしているので、時折珍しい食材に出会います。

特に、年末年始の時期はなおさら。

今年の正月も、業者さんやメーカーさんからいろんな食材をいただいたのですが、一番目を奪われたのがこれ。

某お肉屋さんから取り寄せてもらったもの。

「熊肉」と書いてありますが、ネタではありません。マジです。なんでも、許可が出た熊を仕留めたのだとか。冬期の熊狩りって禁止されてるみたいですけど、害獣駆除の名目で許可が出たので、合法なのだそう。
越冬中のツキノワグマのお肉だそうです。

いろんな料理を作るけど、熊の肉はさすがにはじめてです。

さてどう料理したものか……

業者さんからのいただきもので、もう一つ興味深かったのはこれ。

DSC_0800-1

(きじ)ですか。桃太郎の家来の中で唯一うまそうなやつだよね。

そんなことはどうでもいいですが、これもまた珍しい。

吉事と雉はかかることから、おめでたくて正月には縁起の良い食材なのだとか。

さて、こんな珍しい食材が二つもそろったけど、どう料理しよう。

考えました。

IMG_0003

熊はこんな感じで。エリンギと三つ葉のソテーにしてみました。

薄切りしたエリンギを、スライスした熊肉と一緒に炒めます。

熊の脂の中に含まれるうまみをエリンギが吸い込んでくれて、二度美味しい。

エリンギの歯触りもアクセントになって、いい感じになると思います。

読みは当たってます。越冬中の熊の肉から出てきた脂を、エリンギが受け止めてますね。

風味付けは、ゆずこしょうと塩。最後に三つ葉を加えて炒めます。

IMG_0004

ざっくり作ってみました。

貴重な食材なのに、なんだか豚のバラみたいに見えちゃいますね。だけど、味はやっぱり違います。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会