ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

これからインドにくる女の子へ(baka positive!!)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

これからインドにくる女の子へ(baka positive!!)

今回はmaiさんのブログ『baka positive!!』からご寄稿いただきました。
※この記事は2015年1月4日に書かれたものです。

これからインドにくる女の子へ(baka positive!!)

インド、それもわたしの本拠地コルカタでいたましい事件が起こってしまいました

「インドで日本人女性がレイプ被害 容疑者の男性ら逮捕」 2015年01月03日 『ハフィントンポスト』
http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/03/japanese-women-abused_n_6409592.html

「Foreign language tool to trap foreign」 『The Tlegraph』
http://epaper.telegraphindia.com/details/129257-164320140.html
(↑こちらのインド記事にはちゃんと犯罪の起こった場所がサダルストリートであることが明記されています。)

コルカタはインドの中でも性犯罪の多い都市だそうです

これまでコルカタで生活してきてわたしが気をつけたこと、学んだことshareしたいと思います

インドで性的犯罪の被害者にならないために、気をつける16のこと

1.観光地ほど危険度が高いことを忘れない(サダルストリート、ブッダガヤはインドの中で危険度最強)
2.日本語を話すインド人には”絶対に”ついていかない
3.インド人の話す日本語には反応しない(目も合わせない)
4.自分も日本語は話さない(現地の言葉をしゃべったほうがカモられる可能性も下がる)
5.愛想は振りまかない、笑顔でこたえない
6.しつこいとき、うざいとき、めんどくさいときはどんどん無視する
7.それでもインド人に「悪いなぁ」と思わない(I’m sorryは禁句)
8.インド人を友達認定するのは1年付き合ってから(5分話して友達と思わない)
9.観光地で商売しているインド人のことは信じない(インド人同士でも「インド人のことは信じない」と言うくらい)(日本に友達がいるとか、日本で勉強したことがあるとか証拠品を見せてきても、真に受けない。むしろ余計怪しむこと。)
10.観光地で商売しているインド人におごってもらったり、親切にしてもらった場合、それは100%見返りを求めているからだと認識しておく。必ず背後に彼らの思惑があるはず。
11.自分もうそをつくことを悪いと思わない(素直に日本人であることを話す必要は全くない!)
12.生足は”絶対に”出さない(インドにおいては”レイプしてくれ”といっているようなもの)胸元も出さない(谷間は大事にしまっておいてください)
13.化粧もしない(化粧をしていると日本人だとバレやすい)
14.インドの女の子がしているような格好をする(最低でもストールを首もとにまく)
15.日が沈んでからは、一人で出歩かない
16.「自分は大丈夫」という思いは捨てる
(追記:インドの若い女の子たちは上記のこと以上に気をつけて生活をしている)

こんなに書くと、インドはなんて自由の少ない国だろうと思う
日本で普通にしていること、当たり前なことが全然できない
こんなに細かいことにも気をつけなきゃいけないのか
それじゃ全然たのしくないよ!

そんなことはない

インドの格好をすること、インドの言葉をしゃべることは、インドという国に敬意を払うことでもある
ほんとの友情を育むのにリスペクトは必要
露出やおしゃれ、美しさは不必要
始めは無愛想に接していても、相手のことをきちんと理解してから、かたい態度をほぐしていけばいい
インド人はそんなに過去のことにこだわらないから、ちゃんと水に流してくれる

自分の身を守ることができて、初めて旅は旅として成立するはず

インドで騙された、危険な目にあったという話はほとんど”the観光地”で起こること(コルカタ、ブッタガヤ、バラナシ、アグラ等のさらに外国人向けの安宿があるところ)
冷静に考えてみると、観光地というのは”インドのルール”に慣れていない外国人が入れ替わり立ち替わり集まってくる場所
そういう人を狙ってお金を稼ごうとするインド人が、この広いインド中から集まってくる場所(それも特に物質的に恵まれていない地域から集まってきている)

観光地で外国人を対象にビジネスをしている人は、例えるならものすごくお腹が空いている人
そこに無防備に現れたおいしそうな食事、それが日本人観光客
アルコール中毒者へのアルコールでもヤク中の人へのクスリでもいい
表現きついけど、それくらいのことだとわきまえていれば大丈夫だと思う

インドは日本といろんなことがちがう
日本人のわたしからするとほぼすべてがちがうと言いたくなるくらい
「YES」のサインで首を横にふるインド人
夏のあとに梅雨の季節がくるインド
目立ちたい人とそうじゃない人の割合も日本とまるで逆

バスケットボールの試合に、ラグビーのルールを持ち込んで
「ボールを持って走るのは正しいんだ」といくら訴えたところで、どうにもならないように
インドにきたらインドのルールに従うしかない
どんなにインドのルールが「おかしい」「正しくない」といったところで、インドは変わらない
実際に「おかしく」て「正しくなく」ても

そういうことが起こってしまってから、どんなに相手をせめても、相手がどんな処罰を受けようと、自分がおった傷は消えないから
自分の身は自分で守るしかない

かくいうわたしも、一度怖い思いをしたことがある
夜の9時頃、コルカタのソルトレイク(コルカタの中では高級住宅街とされるところ)を一人で歩いていたところ、後ろからやってきた自転車に乗った男に左胸をつかまれた
自転車はそのまま過ぎ去っていった
周りに誰もいなかった
とっさのとき、声はでない
恐怖で猛ダッシュで家まで帰ったが、あとからそれだけで済んで本当によかったと思った
以降、夜遅く一人で徒歩ででかけることは絶対にしない

かといって、そんなことがわたしがこれまで経験したインドの全てではもちろんない
だったら間違いなく、もう日本に帰っている

観光地で仕事をしている人がインド人の全てではないし
観光地で起こることがインドの全てではないように

観光地もインドの一部、観光地の外もインドの一部

インドを表現するのにいろんな形容詞があるけれど
わたしは「玉石混交」であることをすごく感じる
ものすごい大金持ちからものすごく貧乏な人
ものすごく霊性が高い人からものほとんど動物と変わりのない人

なにをみるのか
なにに出会うのか
なにを信じるのか
感性が試される場所なのかもしれません

特に普段日本では使わないような感性を
道を歩くときは「交通ルールに従うマナー」ではなくて『機敏さを』
買い物をするときは「予算との兼ね合いを計算する計画性」ではなくて『自分がこの商品にいくらの対価を払うのかという見極め力』を
etc.
まるで普段使わない体の筋肉を使うように、インドでは日本で使わない感性や感覚をフル稼働させないといけない

そんなインドです

最低でも英語で自分の意思表示はできないと、インドで危険な目にあう可能性は高くなるだろうと思う
アメリカ人みたいにペラペラ話せる必要は全くない
でも自分がなにがしたいか、どこに行きたいか、たどたどしくても英語で話すこと
その意志があること
それができないなら、グアムとかハワイとかにいったほうがいい
「全然英語話せないけど大丈夫だったよー」その人が大丈夫でもほかの人が大丈夫である保証はないのだから
せっかくインドにきてるんだからこてこてのインド英語をたのしんでいってくださいな◎

わたしはそう思います

日本人の女の子だけに限らず、インド人も含め世界中のすべての女の子がこんなひどいめにあわないように、心から祈ります
そして、すでに被害にあってしまった女の子の傷が必ず癒えますように。。。

執筆: この記事はmaiさんのブログ『baka positive!!』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2015年01月09日時点のものです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。