体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「飲酒運転で銃殺刑」はいつ始まったデマか(今日も得る物なしZ)

「飲酒運転で銃殺刑」はいつ始まったデマか(追記あり)(今日も得る物なしZ)

今回はkyoumoeさんのブログ『今日も得る物なしZ』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/759641をごらんください。

「飲酒運転で銃殺刑」はいつ始まったデマか(今日も得る物なしZ)

twitterでこういう画像が話題になっている。

「タッチ@luckyseven43」 『twitter』
https://twitter.com/luckyseven43/status/552653185127440385/photo/1

「飲酒運転で銃殺刑」はいつ始まったデマか(追記あり)(今日も得る物なしZ)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2015/01/227.jpg

エルサルバドルでは初犯で銃殺刑、ブルガリアは2度目で銃殺刑などとにわかに信じがたいことが書いてある。
ということで調べてみるとこのような記事があった。

「ホントですか? ブルガリアでは飲酒運転は銃殺刑!」 2011年02月16日 『clicccar.com(クリッカー)』
http://clicccar.com/2011/02/16/7678/

この「道路交通法」のどこを読んでも、「飲酒運転者は二度目からは銃殺刑」なんて書かれていません。ネット情報が、まったくの事実無根であることが判明したのです。なーんだ、いったいどこからそんなガセネタが出てきたんだよっ!!(怒)

ブルガリア大使館からの回答の最後にはこんな一文が。「なお、ブルガリアは死刑完全廃止国です」。死刑を実行している国の人たち(われわれ日本人のことです)から、なぜこのような根も葉もないウワサを流され、誤解されなければならないのかという、ブルガリア人の憤まんと悲しみがこの言葉に含まれているような気がします。いやー、ほんとうに失礼しました。まことに申し訳ありません。ここはわれわれの良心にかけて、「ブルガリアでは飲酒運転は銃殺刑」というふざけたガセネタを削除、もしくは根絶しようではありませんか。

調べてみると確かに死刑廃止国であることがわかる。

「死刑廃止国と存置国」 『死刑廃止info! アムネスティ死刑廃止ネットワークセンター』
http://homepage2.nifty.com/shihai/shiryou/abolitions%26retentions.html

1983: キプロス、エルサルバドル(通常の犯罪に対して)軍法下の犯罪や特異な状況における犯罪のような例外的な犯罪にのみ、法律で死刑を規定している国

1998: アゼルバイジャン、ブルガリア、カナダ、エストニア、リトアニア、イギリス(すべての犯罪に対して)

ということで飲酒運転で銃殺刑はあり得ないと考えても良さそう。
では誰がデマを広めたのか。
否定記事が2011年なのでそこからたどってみると、その頃ソースとされていたのはこのサイトらしい。

「世界の飲酒運転事情」 『交通違反ドットコム』
http://www.angs.jp/world.htm

殺人罪以上に厳しい国もあり、エルサルバドルは初犯から、ブルガリアは2 度目から極刑(銃殺刑)が適用されます。

このサイト自体何なのかよくわからないが、とりあえずここが引用されていることが多い。
さらにさかのぼってみるとこのような記事を見つけた。

「a driver’s license」2006年02月04日 『Wish 2 Survive !!』
http://wsh2srvv.exblog.jp/3140202

●飲酒運転の罰則。
飲酒をしての運転の罰則が厳しくなったことは記憶に新しいですね。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。