体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【日本酒レビュー】伝統の味わいを特別仕様のボトルに詰め込んだ『特選 黒松白鹿 本醸造四段仕込』を飲んでみた

グルメ
白鹿

全国各地の美味しいお取り寄せグルメを編集部で実際にお試ししてご紹介するこの企画。今回は兵庫県西宮市の酒造『辰馬本家酒造』から、『特選 黒松白鹿 本醸造四段仕込 デザインボトル』をお取り寄せ。編集部で試飲してみました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/758712

輝く特別仕様のボトルに詰め込まれた奥深い伝統の味わい『特選 黒松白鹿 本醸造四段仕込 デザインボトル』

ボトル

商品特徴
通常の“初添・仲添・留添”の三段での仕込みに加え、さらにもう一段、四段目にもち米を掛けた本醸造酒です。
『黒松白鹿』の発売九十年を記念して生まれたニューボトル。
白鹿が手間ひまかけて大切に守り育ててきた伝統の味わいを「光」で包むデザインボトルに詰めました。

箱

670ml入りのボトルは、『黒松白鹿』90周年を記念したオリジナルデザイン。『日本パッケージデザイン大賞2013 アルコール飲料部門』で金賞を受賞しています。
光を取り込んでキラキラと輝く姿はなんとも美しいです。お酒を飲み終わったあとは、1輪挿しや水差しとしても使えます。

色味

さて、お酒の方を蛇の目の猪口に注いでみると、ほとんど無色透明の色味。辛口端麗を思わせるキリっとした香り。
酒器はこの香りや酒の旨味を堪能できるよう、マティーニグラスなど口が末広がりになっているものがおすすめだそうです。

つまみ

お鍋やおでんなど、出汁の利いたお料理をおつまみにするととてもおいしいとのことなので、出汁を利かせた大根のそぼろ煮を用意して、早速飲んでみました。

1 2次のページ
Nagaya Ayakaの記事一覧をみる

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会