ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZTE、Androidを搭載したポータブルプロジェクター「SPRO(Smart Projector)」を発表、$399で発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近コートレートロゴを刷新した ZTE の米国法人が Android ベースのポータブルプロジェクター「SPRO(Smart Projector)」を米国で発表し、予約受付を開始しました。価格は $399 です。SPRO は、同社が昨年発売した「ZTE Projector Hotspot」の Wi-Fi モデルです。セルラー機能が省かれたのでモバイル Wi-Fi ルーターとしての機能を持たず、新たに「Smart Projector」としてリニューアルされました。主なハードウェアスペックは「ZTE Projector Hotspot」と共通しています。Android 4.2(Google Play 対応)、4 インチ WVGA 解像度のタッチパネル、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth に対応。HDMI 入力、USB 2.0(Type-A)、ヘッドホンジャック、オーディオ出力などを搭載。プロジェクターとしてのスペックは、最大 100 ルーメンの DLP ピコプロジェクターを搭載しており、実用的な投映サイズは 10 インチ ~ 120 インチ。筐体サイズは 120 × 120 × 28.5mm、質量は 400g となっています。SPRO になって Miracast に対応し、Miracast 対応スマートフォン・タブレットの画面をワイヤレスで SPRO 経由でスクリーンに投影できます。Source : ZTE


(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 5のAndorid 5.0アップデートがロシアやマレーシアなどにも拡大される
Nexus 6はQiワイヤレス充電に対応、スタンド型充電器でも充電できるみたいです
BlackBerry OS 10で正常に動作するGoogle Playストアアプリが非公式に公開される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP