ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ついに「使徒、襲来」!? 西暦2015年は『新世紀エヴァンゲリオン』イヤー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2015年を舞台にした物語は数多くありますが、”インパクト”という意味ではやはりこの作品なのではないでしょうか。アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の世界で、第3新東京市に第三使徒サキエルが襲来したのは、2015年ということになっています。そこで碇シンジは綾波レイと出会い、父ゲンドウと再会、そして初号機に乗り込むことになるのです。

『エヴァンゲリオン』公式サイトは、1月1日に合わせて更新。「時に、西暦2015年」と黒地に白フォントというおなじみのスタイルに、胸の高鳴りを覚えるファンも多いのではないでしょうか。
また、同時に『新世紀エヴァンゲリオンBlu-ray BOX』『新世紀エヴァンゲリオン TV放映版DVD BOX』が夏発売(予定)というお知らせも。初放映は1995年10月ということで、20周年を祝うのに相応しい内容になることが期待されます。

エヴァンゲリオン 公式サイト
http://www.evangelion.co.jp/

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP