ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KOKIAとオーケストラが贈る、珠玉のコンサート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年12月23日。日本のクラシック音楽の殿堂である東京芸術劇場において開催されたbillboard classics「KOKIA Falling in Love with the Orchestra」公演は、訪れた観客にとって一足早いクリスマスプレゼントとなった。

 「愛はこだまする」から始まったコンサートは、オーケストラの優しい音色にKOKIAの透き通った声が調和し、新しい音楽の世界が生まれつつあることを告げていた。KOKIA自身による指揮者とオーケストラの紹介に続き、ファンにとってはおなじみの珠玉の曲がアレンジされ、オーケストラとの共演で時に豪華に、時に幻想的に雰囲気を新たに奏でられる。

 「a gift」の流れるような弦楽の出だしから、金管、打楽器の壮大な盛り上がりを見せるクライマックス、「傘を貸してあげて」では雨音のようなピアノの前奏と、KOKIAとオーケストラが一体となり音世界を創り出していく。壮麗なパイプオルガンの上を万華鏡のように移り変わるライティングが、オーケストラの立ち並ぶステージをさらに感動的に照らし上げ、音と光が紡ぎだすステージは観客を虜とした。

 チャイコフスキーの「くるみ割り人形」から、行進曲が後半の一曲目に演奏され、コンサート第二部への期待感を高める。新曲「Dear Armstrong」で歌われた、“この世界は素晴らしい”というシンプルなメッセージは、すっと聴く者の心に入っていき、中には涙を落とす客も。代表曲のひとつである、「I believe~海の底から~」では、ゆらぐブルーの照明の中、海底から鳴り響くようなオーケストラの音波と、KOKIAの祈りの歌が調和し、会場はKOKIAの宇宙と一体となった。

 オーケストラとの調和で自身の楽曲を歌うことを夢見ながら書いた曲がたくさんあると語ったKOKIA。その実現を心待ちにしていたファンの夢がこの日、優しくそして可憐に紡ぐ音となってホールに満ち溢れ、オーケストラの奏でる豊饒な響きのなかで実現した。最後の曲「infinity」が歌いあげられた瞬間、会場には感動に満たされた溜息の後に、KOKIAとオーケストラに恋に落ちた観客から、東京芸術劇場コンサートホールの音楽空間に盛大な拍手が鳴り響いた。

◎公演概要「KOKIA Falling in Love with the Orchestra」
日程:2014年12月23日(火・祝)
会場:東京芸術劇場コンサートホール
出演:KOKIA
指揮:梅田俊明
管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団

関連記事リンク(外部サイト)

玉置浩二 「音楽の宿命的出会い」自身初のフルオーケストラ公演が決定 1月にはビルボードライブ単独公演も
藤井フミヤ 2月のフルオーケストラ公演に続き追加公演を発表
竹内まりや 7年ぶりAL『TRAD』が日本レコード大賞で最優秀アルバム賞を受賞、記念した最新ライブ映像が放送に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP