ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どうぶつ家族、ねこ、いぬ、パンダ…渋谷ヒカリエで岩合光昭写真展開催!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いのちを育む大自然を舞台に、野生動物の一瞬の輝きを撮り続ける動物写真家・岩合光昭氏。1月14日までの期間、渋谷ヒカリエで岩合光昭写真展「どうぶつ家族」が開催されている。

アフリカのサバンナでたくましく生きるライオンの家族たち、オーストラリアの広大な原野をゆくカンガルー、そして、南極ではペンギンたちが氷の上を元気に動きまわる。パンダの愛くるしいしぐさに人々は魅せられ、イヌやネコといった動物は家族の一員として私たちのそばにいる。

家族、いのち、生きていく環境、そして地球とのつながり…。

同展は、世界中で生きる多様な動物たちの姿をはじめ、生命の循環、つながりをテーマに、写真作品約250点を紹介。前回のねこ未発表作品も含む構成で、どうぶつ家族約160点、ねこ約40点、いぬ約30点、パンダ約20点の大規模写真展となっている。



12月26日と1月10日(各日11時~/14時~)には岩合光昭氏のギャラリートーク&サイン会も実施される。

さらに、会期中、あなたのどうぶつ家族の写真を展示!自慢のペットや旅先で撮った野生動物の写真など、持参してみてはいかがだろうか。

写真を通して、改めて“つながり”を感じられるはず。詳しくはこちら(http://www.crevis.co.jp/exhibitions/exhibitions_007.html)を見てほしい。

岩合光昭写真展「どうぶつ家族」
-野生動物の営みから、人の暮らしとともにあるいぬ、ねこまで-

会場:渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホールA
会期:~2015年1月14日10時~20時

*1月1日は全館休館日のため休業
*12月31日は18時閉場
*1月2日は20時閉場
最終入場は閉場30分前まで


カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP