ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水だけなんてもう古い!? “お掃除ロボット一体型”の進化系ウォーターサーバー誕生

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ここ数年で、美味しい水を手軽に飲めるウォーターサーバーを見かけることって本当に増えましたよね。冷たい水だけでなく、お湯まですぐに使える便利なウォーターサーバー。ペットボトルのミネラルウォーターを買ってくるより楽なので、自宅に導入している人もいるのではないでしょうか?

オシャレなデザインだったりお水の種類が選べたりと、いろいろなタイプが登場しているウォーターサーバー業界ですが、進化系モデルがついに出現。開発したのは、これまでもボトル交換が簡単な“足元ボトル交換式タイプ”や、空気の入らない“縮んでいくボトル”などを独自開発してきたコスモウォーター。

生み出された業界初の新たなモデルは『お掃除ロボット一体型ウォーターサーバー』。もはや水だけにとどまらず、掃除機能までウォーターサーバーに付けてしまったというのです!

多くの場合が部屋の1か所に設置され、めったに動かすこともないだろうウォーターサーバーが、どうやって掃除をするのか!? 常識をくつがえすその商品の詳細を知ろうと、早速公開中のスペシャルムービーを確認。

そこに映っていたのは、スラっとしたウォーターサーバー……から飛び出す円盤型のお掃除ロボット! ウォーターサーバーの下に、お掃除ロボット『Acro』の台座が付いているという画期的な商品。ふと、これは一体型というのか……? と少し疑問を感じたりもしましたが、いやそんなことより、ウォーターサーバーの設置スペースにお掃除ロボットも収納できるのです。なんというムダのない発想!




スペシャルムービーでは、「ウォーターサーバーがあるとこんなに便利!」と紹介しているわりに、「カーペット・フローリング・畳など どこでもお掃除」、自動で戻ってきて充電するターミナル機能、リモコン操作もできるという内容が続き、ウォーターサーバーというよりはお掃除ロボットがある便利さを猛烈アピール。

そんなロボット掃除機がメインのようにもみえる『お掃除ロボット一体型ウォーターサーバー』の紹介でしたが、やはりすごいのはその値段。ウォーターサーバーはレンタル無料で、飲んだお水の代金だけ支払う形式のものが一般的。そうなんです、これはお掃除ロボット含め、無料で使えてしまうのです。あくまでもウォーターサーバーなので、かかる費用はお水代と電気代だけ!


また、『お掃除ロボット一体型ウォーターサーバー』の専用台座は、万が一の“水漏れお知らせ機能”も付いているので安心。“ユーザーの生活をより豊かに”と考えた結果生まれた、今までの枠にとらわれない新たなモデル。次世代のウォーターサーバーが誕生しちゃいましたね!

【公式】お掃除ロボット一体型ウォーターサーバー誕生│コスモウォーター(YouTube)
http://youtu.be/OKzhU2ZZu64

『お掃除ロボット一体型ウォーターサーバー』スペシャルサイト:
http://www.cosmowater.com/acro/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP