ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

プログラミングや英語を無料学習!eラーニングサイト『シラバス』を使ってみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「マネして学べる」プログラミング学習サイト『シラバス』。

メインのWEBデザイン編とWEBアプリ編のコースでは、20あまりのステップを踏んでHTML/CSS、WordPress、Ruby on RailsなどでレスポンシブなWEBサイト を開発し、公開できる。

silabus2

 社内eラーニングシステムとして公開され、多くの企業が利用しているという。

silabus7

今回は、プログラミングは難しそう…という人も気軽にトライできる、もう1つのカテゴリー「公開コース」を使ってみた。

■登録作業は簡単

まずは、シラバスのトップページにアクセス。

silabus1

プログラミング学習サイト『シラバス』 https://cyllabus.jp/courses/publics

メールアドレスとパスワードを設定するだけの簡単作業で、すべてのコンテンツが見られるようになる。

silabus1.5

しばらくすると、登録完了メールが来た。

「現在シラバスはβ版の試験運用中です」とのこと。

silabus1.7

■英語、色彩検定、C言語からアイドルの合いの手まで

silabus8

「公開コース」の特徴は、何と言っても5つのカテゴリーに分けられた多種多様なコースだろう。

サーバー構築などが学べる『IT』、使い分けが難しい単語に特化した『英語』、色彩検定などを扱う『デザイン』、行動経済学など幅広いトピックをカバーする『ビジネス』と『業務会計』などのカテゴリーがある。

新着コースには、アイドルの合いの手の仕方をまとめたページなど、ユニークなものも。

まず、初心者向けということで『はじめての色彩調和論』をやってみることに。

silabus3

■穴埋め問題をひたすら解く

このコースは、アップロードされているノートを読んで、下の欄にある穴埋め問題を埋めていく方式。

答え合わせもワンクリックででき、間違えた箇所の説明なども出てくる。

 

silabus4

■復習しながら記憶を定着

この追体験する仕組みで、記憶を定着させていく。

silabus5

個別塾のような形式で、ユーザーはプログラムを『読む』、そして実際に入力して『実行する』を繰り返して学習する。ただ情報を受け取るより、ずっと理解が深まりそうだ。

コースは何度でも繰り返すことができ、パーフェクトになるまで続けることができる。

silabus6

初心者が気軽に学べる難易度で、飽きずに進めることができた。しかし、まだまだβ版ということで、全体的にコンテンツが足りない印象も。

また、シラバスへの会員登録なら自由に公開コースを作れる仕組みになっているが、逆に言うとユーザー任せになっていて、メインのWEBデザイン編とWEBアプリ編ほど主体性が感じられないのも残念な点。

せっかくWEB上でどこからでもアクセスできるeラーニンクシステムなので、画像や動画を多用したインタラクティブなレッスンや、学べるトピックがもっと充実することを期待したい。

プログラミング学習サイト『シラバス』 

(Writer: Saera Jin)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。