ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

躍進を続ける小米科技(Xiaomi)、Ericssonによる特許侵害訴訟敗訴でインドでの販売を中止させられる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

驚異的な成長を遂げている中国メーカー 小米科技(Xiaomi)ですが、最近、インドにおける特許訴訟に敗訴したことを受けて現地におけるスマートフォンの販売を一時中断したことを公式に発表しました。これは、スウェーデンの通信機器メーカー Ericsson による特許侵害訴訟で Xiaomi が敗訴し、インドのデリー高等裁判所から販売禁止の仮処分を受けたためです。Xiaomi 侵害したとされるのは Ericsson の保有する AMR や WCDMA に関する技術特許です。これを受けて Xiaomi の Hugo Barra 氏は、「追って通知があるまで、販売を一時停止することを余儀なくされました。法律を遵守する企業として、当社は慎重に問題を調査し、我々の法律上の取り得る手段を評価しています」と声明の中で述べていました。Source : Xiaomi India


(juggly.cn)記事関連リンク
Google FitのAndroidアプリがアップデート、100種類のアクティビティが手動で追加可能に
Qualcomm、Snapdragon 810のLTE-Advancedへの対応を下り最大450MbpsのLTE Category 9にアップグレード
クロスリンクマーケティング、PolaroidブランドのSIMフリーAndroidスマートフォン「pigu」を発表、価格は8,890円+税

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。