ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

圧倒的なローマ帝国時代の円形闘技場が残るチュニジアのエル・ジェムに行ってきました。

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ローマ帝国、イスラム王国、オスマン・トルコなど、数々の民族の興亡が繰り広げられたチュニジア。民族の栄枯盛衰と壮大な歴史ロマンが刻まれ、現代にまでその歴史の息吹きを運んでくれる遺跡たちは、チュニジアの魅力の1つ。

今回はそんなチュニジアの魅力の1つとも言える遺跡の中から、エル・ジェムの円形闘技場をご紹介します。

ローマのコロッセオに代表される円形闘技場は、ローマ帝国各地に作られ、娯楽施設として人々に親しまれました。猛獣と剣闘士の闘いや、死刑囚同士の殺し合いなどの壮絶な格闘が催され、人々はそのスリルに熱狂したと言われています。

しかしながら、ローマ時代の円形闘技場のうち3階部分まで現在まで残されているのは、ローマのコロッセオとエル・ジェムの円形闘技場だけ。

穀倉地帯としてローマ帝国の反映をささえた北アフリカの中でも、オリーブ油の輸出で栄えたエル・ジェム。その繁栄の象徴こそが、こちらのローマ帝国で3番目に大きな円形闘技場。

エル・ジェムの円形闘技場の周囲は400メートル、収容人員は約3万5千人。アリーナと呼ばれる中央の舞台の直径は65メートルにまで及びます。外層は後に三分の一ほどが破壊されましたが、三重の層をなすアーケードで囲まれた重厚な姿は当時のまま。

綺麗な保存状態でおおよそ1800年の時間を経て現代にまで伝えられたエル・ジェムの円形闘技場。アフリカで最も印象的なローマ遺跡をぜひ自分の目で確かめてみてください。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア










カテゴリー : デジタル・IT タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP