体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『水の声を聞く』山本政志監督インタビュー 大ヒット作『恋の渦』を生み出した実践映画塾「シネマ☆インパクト」の裏側に迫る

mizu

2012年から13年の2年間、13人の監督がそれぞれ2週間、低予算で受講生と作品を作るというワークショップ「シネマ☆インパクト」を主宰した山本政志監督。そこで生まれた作品『恋の渦』で得た収益を全て投入して完成させた『水の声は聞く』は新宿コリアンタウンを舞台にして、ニセの新興宗教『真教・神の水』の教祖となった主人公ミンジョンを巡る物語だ。現在全国順次公開中で13日より東京再上映が行なわれる『水の声を聞く』監督の山本政志に聞いた。

top

――シネマ☆インパクトはどういう経緯で始めたんでしょう?

不純な動機で、あるパーティに来ていたスチールカメラマンがワークショップを明日からやると言ってたので、俺もやろうかな、というところから始まった。いろいろ調べたら、他でやってるワークショップの講師陣にあまり興味が持てなかった。俺がやるならもっとレベルの高いものを、なおかつ生徒中心じゃなくて監督中心でやりたい。監督がみんなで競争できるような。前作の『スリー☆ポイント』の京都篇というのは、何の準備もせずに即興を試して10日間で1本撮ったんだけど、やってみるとすごく面白かった。それを皆でやってみたら面白いだろうと。もう少し時間を与えて2週間にして、その中で演技トレーニングも含めて最終的に1本作品を作り上げていくということをやろうと。

――シネマ☆インパクトは「監督同士がしのぎを削りあう、映画の格闘場」という文言が付いていますが、監督同士はどんな感じでしたか?

ワークショップってというより、映画を作りたいって思ってた。さっきも言ったように生徒中心でなくて監督中心にしようとしたかったから、受講生のことはあんまり考えてなかったんだよね。監督たちにエンジョイして欲しかった。受講生は30人位いるんだけど、予算内に収まれば短編・中編・長編なんでもいいと。受講生を全員使う必要はないという事も。厳しく何人か絞ってもいいし、逆に受講生全員使ってもいい。1期目はほとんど全員出たけど、2期目はわりと絞って出演させたりと、流れとしては面白かった。

main

――今をときめく第一線の監督を招聘(しょうへい)していますが、特に印象に残った作品があるとすれば。

作品としては大根(仁)が一番面白かったよね。社会に対して作品の提出の仕方とか、渦の巻き混み方だとかも含めて。限られた情況の中で2時間の長編にして、作品的にも内容的にもしっかりしたものを作り上げていたと思う。短編なら語り口として(ヤン)イクチュンのものが面白かった。いい作品はいっぱいある。

――『恋の渦』はワークショップの映画としては異例のヒットとなりました。

大根の何処ががエラかったというと、「ワークショップじゃない。俺はモノを作るんだ」っていう意思を露骨に正しく成立させたところだよ。30人か40人いる中、初日に8名くらいに絞って、2日目以降はそいつらしかリハーサルやらなかった。1日3時間のワークショップだったんだけど、最終的には1日10時間くらいやってたんじゃないかな、えんえんと。そのかわり他のヤツと口も聞かなかった(笑)。俺のところにはクレームばんばんくるし(笑)でも最初に参加者に“そういうこともありえる”ってメールで言ってあった。クレーム付けた人も自分が選ばれたら文句言わないでしょ、そういうモンなんだよ。ワークショップという枠を離れて、映画作りに向かった大根は正しかったと思うよ。

sub1
1 2 3次のページ
デジタル・IT
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会