ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新旧シュワちゃんが共演? 『ターミネーター』最新作の映像初解禁で“新起動”の意味が明らかに

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ターミネーター
1984年に公開されて以来、シリーズ4作を通じて全世界の興収は14億ドル、日本でも220億円を超える空前の大ヒットとなった『ターミネーター』。先日その最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の公開が発表となりましたが、本日、初の映像解禁となる特報が公開。謎のままだったシュワちゃんの役柄や、そのストーリーの一部が明らかとなりました。

2029年、人類とマシーンたちによる壮絶な戦いが繰り広げられている未来。人類反乱軍のリーダー、ジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)は、自分を産んだ母サラ・コナー(エミリア・クラーク)の命を殺戮(さつりく)マシーンのターミネーターから守るため、信頼できる同志カイル・リース(ジェイ・コートニー)を過去に送ります。……と、ここまではおなじみの『ターミネーター』(’84)と同様のストーリー。しかし、タイムスリップした先は、何かが違う! か弱いはずのサラは銃を片手にたくましい姿で登場し、逆にカイルを守る役目に?

さらに、サラを抹殺するために未来からターミネーター・T-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)が送り込まれるものの、そこには既に同型ターミネーターが待ち受け、シュワちゃん同士が対決する場面も。今作の世界では、過去と未来に一体何が起きたのでしょうか……。どうやら最新作では、『ターミネーター』と『ターミネーター2』(’91)をベースにした、続編でもリメイクでもない、まさに“新起動”された物語が描かれるようです。

それを象徴するように、特報映像には若いシュワちゃん、中年のシュワちゃん、白髪のシュワちゃんが登場。そして、本来であれば『ターミネーター2』に登場する、最新型の液体金属ターミネーター・T-1000(イ・ビョンホン)の姿も。劇中ではこのあたりの時系列がどうなっているのか、まだ詳細は明らかとなっていません。

頭が混乱しつつもいろいろと想像が膨らむ『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は、2015年7月に日本公開となります。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』特報 (YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=UQGLvOwGiXM

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』公式サイト:
http://www.terminator-movie.jp/

(c)2014 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。