体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京オリンピック招致を導いたワイン!? 年末年始はプレミアムなお酒で “一夜限りのRakuten Bar”レポート

DSC08755

12月に入り、ボーナスが入って心もウキウキ「そろそろ自分にご褒美を……」なんて考えている人も多いのでは? 色々あった一年間。自分を労うにはやっぱり美味しいお酒。家族やお友達で集まる機会も増える年末年始、プレミアムなお酒でプレミアムな時間を過ごすのはいかがでしょうか。

27日、渋谷の“楽天カフェ”に“一夜限りのRakuten Bar”がオープン。『孤独のグルメ』原作者の久住昌之さん、“サロン・デ・サリュー”オーナーソムリエの伊藤寿彦さんが「プレミアムなお酒と時間の過ごし方」についてトークセッションを行いました。

一夜限りのRakuten BAR

『孤独のグルメ』といえば、ドラマシリーズが4まで公開され、台湾版も製作されることが発表された超人気コミック。主人公、井之頭五郎が様々な名店を訪れ一人で料理を味わう様子が独特で表現され、「うおォン 俺はまるで人間火力発電所だ」など名言の数々は多くの人に愛されています。

この『孤独のグルメ』、日本だけではなく7か国で翻訳され、発売されているとのことですが「最初はフランス、次はイタリア、スペインとヨーロッパから最初に発売されたの。未だにアメリカに売ってないのは、アメリカのご飯があまり美味しくないから共感できないんじゃない(笑)」と久住さん。筆者も思わず笑っちゃいましたけど、でもそれってもしかして真実かも……?

五郎さんは下戸という設定なので『孤独のグルメ』にはお酒が出てきませんが、久住さんはお酒大好き。ドラマのエンディングに久住さん本人が登場して、お酒を楽しむのも定番ですよね。久住さんは、特別なお酒との時間について「先日サントリー『山崎』の工場を訪れて、チーフブレンダーの方のお話を聞きながらウイスキーをいただく機会がありました。“ウイスキーは10年先を考えて作っているんです”なんて話を聞きながら。贅沢でしたね」と自身の体験を披露。

「ライブ終わった後なんかは喉がカラカラでビールが美味しいんだけど、一人でじっくり飲むならウイスキーか日本酒だよね。『孤独のグルメ』の中に“モノを食べるときはね、誰にも邪魔されず自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ”というセリフがありますが、お酒もそうだと思う」と、名台詞を交えながら話してくれました。

一夜限りのRakuten BAR

続いてソムリエの伊藤寿彦さんは、この“一夜限りのRakuten Bar”で提供されるお酒をご紹介。この伊藤さん、世界最優秀ソムリエ田崎真也氏に師事し、2008年に開催された『G8北海道洞爺湖サミット』にて各国大統領、首相、ファーストレディーへの接遇担当ソムリエを担当したというものすごい御方なのですが、とにかくお酒が大好き! 途中、立ち上がって一生懸命に説明してくれるので、会場のお客さんも筆者も「はやく試飲したい!」と期待でいっぱいに。

それでは、ここから伊藤さんチョイスのプレミアムなお酒をご紹介いたします。

一夜限りのRakuten BAR

まずはワインのラインナップ。

『アルガブランカ ブリリャンテ 甲州2008/勝沼醸造』(写真右から2番目)は、2013年に行われた、国際オリンピック委員会(IOC)の評価委員らを招待した夕食会で振る舞われたスパークリングワイン。なんと、5000本しか作られておらず、あの超高級ワイン『ロマネ・コンティ』が作られているのが8000本ということと比較するとそのプレミアム感が分かります。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。