ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ネット流行語大賞2014』発表! 金賞は「STAP細胞はありまぁす」銀賞には「この日本ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン! ……ウッ……ガエダイ!」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今年もやってまいりました『ネット流行語大賞2014』。ついに結果発表です! ちなみに昨年の『ネット流行語大賞』は金賞:いつやるの? 今でしょ!、銀賞:激おこプンプン丸、銅賞:倍返しだ! でした。今年のノミネートは58コ。2500票を超える投票の結果、上位30位に入ったのはどのワード? 

※ノミネート語一覧はこちらの記事でご覧いただけます。
『ネット流行語大賞2014』投票受付開始! みんなの大賞は? 投票は11月30日まで(http://getnews.jp/archives/706965)

ネット流行語大賞2014 結果発表

金賞:STAP細胞はありまぁす
銀賞:ンァッ! ハッハッハッハー! この日本ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン! アゥッアゥオゥウアアアアアアアアアアアアアアーゥアン! コノヒホンァゥァゥ……アー! 世の中を……ウッ……ガエダイ!(野々村竜太郎)
銅賞:ダメよ~、ダメダメ!

今年一番みんなの心に残った金賞は「STAP細胞はありまぁす」。日本のみならず世界を巻き込み世間を騒がせた問題ですが、“ありまぁす”は汎用性が高くて使いやすかったというのも、金賞に輝いたポイントかもしれません。

続いて銀賞は「ンァッ! ハッハッハッハー! この日本ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン! アゥッアゥオゥウアアアアアアアアアアアアアアーゥアン! コノヒホンァゥァゥ……アー! 世の中を……ウッ……ガエダイ!(野々村竜太郎)」。号泣議員、号泣県議としてこちらも日本のみならず世界に衝撃を与えた、野々村竜太郎氏の釈明会見の発言から生まれたもの。本家『ユーキャン新語・流行語大賞』にも「号泣会見」がノミネートされていました。

銅賞は「ダメよ~、ダメダメ!」。お笑いコンビ・日本エレキテル連合のネタに登場する白塗りのアンドロイド、朱美ちゃんのセリフ。『2014ユーキャン新語・流行語大賞』で見事大賞となった言葉ですが、ネット流行語でも支持が高かったのが意外。

しかし、金賞、銀賞、銅賞と並ぶと、上2つに「ダメよ~」とツッコミをいれているようにも感じて絶妙ではないでしょうか? 嘘やごまかし発覚が強く心に残ってしまった2014年。そんな中で「ダメよ~、ダメダメ!」が流行ったのも納得かも?

そして、上位30位までは以下の通り。11月になって突如現れた「どうして解散するんですか?」が追い上げをみせました。また、本来の意味とは違う使い方で浸透してしまった「壁ドン」という言葉も、本当によく目にしましたよね! また、世間ではジャニーズグループだと現在は嵐の人気が高いですが、ネットでは「オマエは全然まな板のスゴさを分かってない/まな板にしようぜ」「TOKIO力」といったTOKIOが注目を集めているのも面白いところです。

<ランキング 上位30位>(同票数獲得したものは同じ順位になっています)
4位:ピストン矢口
5位:Let It Go/レリゴー(アナと雪の女王)
6位:どうして解散するんですか?
7位:ビットコイン
8位:壁ドン
9位:ものまねメイク(ざわちん)
10位:オマエは全然まな板のスゴさを分かってない/まな板にしようぜ
11位:このあと滅茶苦茶セックスした
11位:口にするのも汚らわしいところ/SMバー
13位:シャブ&飛鳥
14位:ワンオペ
15位:ありのままで
16位:韓国するな
17位:ほんとこれ/ほんこれ
17位:妖怪のせい(妖怪ウォッチ)
19位:恋人といる時の雪って特別な気分に浸れて僕は好きです
20位:今日も一日がんばるぞい
20位:タモロス
22位:地震なんかないよ
23位:ま~ん(笑)
24位:カドカワンゴ/カドワンゴ
25位:がんばれ がんばれ (伊東ライフ)
26位:メロンです 請求書です(ドクターX)
27位:youtuber/ユーチューバー
28位:ゴーストライター
29位:オタサーの姫
30位:TOKIO力

さらにガジェット通信では、今年連載が終了した『完結マンガ大賞』も実施! 12月中旬に発表します。そちらもお楽しみに。

<今年やっと終わった名作漫画は? 『完結マンガ大賞2014』ノミネート作品を募集>
http://getnews.jp/archives/707197[リンク]

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP