ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『完結マンガ大賞2014』発表! グランプリは『東京喰種トーキョーグール(石田スイ)』全14巻

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『ネット流行語大賞2014』『アニメ流行語大賞2014』に続いて『完結マンガ大賞2014』も結果発表! 2014年に完結した漫画、ノミネート21作品のなかから、みなさんのアツい投票(総投票数2434票)を受け『完結マンガ大賞2014』受賞作品が決定。さて、投票結果は……?

※全ての画像が表示されない場合はガジェット通信からご覧ください。

『完結マンガ大賞2014』結果発表

金賞:東京喰種トーキョーグール(石田スイ)全14巻
銀賞:NARUTO(岸本斉史)71巻~ 既刊【2014年連載終了作品】
銅賞:ハチワンダイバー(柴田ヨクサル)全35巻

金賞は『東京喰種トーキョーグール(石田スイ)全14巻』。数ある名作の中から本作が選ばれました。銀賞は『NARUTO(岸本斉史)71巻~』。ジャンプの人気漫画が本年度とうとう連載終了。注目を集めました。銅賞は『ハチワンダイバー(柴田ヨクサル)全35巻』。将棋漫画が受賞にランクイン。

受賞作品あらすじと、編集部の漫画好きスタッフによるコメントをお送りいたします。

『完結マンガ大賞2014』受賞作品あらすじ・スタッフによるコメント

金賞:東京喰種トーキョーグール(石田スイ)全14巻

~公式サイトより~
あらすじ
人を喰らう怪人”喰種(グール)”が跋扈する東京。日常に隠れて生きる、正体が謎に包まれた”喰種”の脅威に、人々は恐れを感じ始めていた。読書好きの平凡な大学生・カネキは、通い詰める喫茶店「あんていく」にて、自分と同じく高槻泉を愛読する少女・リゼと出会う。自分の運命を大きく変えることになるとは知らずに…。人間の命を奪い、喰い生き永らえる怪人の存在に疑問と葛藤を抱きつつ、あるべき世界のあり方を模索する青年の未来は――!?

■編集部スタッフコメント
・東京喰種トーキョーグールが完結してるのか? というと微妙なところもありますが、アニメ化も大人気だったので、2014年作品として記憶に新しいです。
・この作品とか、ノミネートされた「彼岸島 最後の47日間」とか、連載で打ち切りエンドか? と思ったけどその後すぐ新編が始まるってのが続きましたね。いずれにせよ新編は楽しみです。

銀賞:NARUTO(岸本斉史)71巻まで既刊【2014年連載終了作品】


~公式サイトより~
あらすじ
ここは木ノ葉隠れの里。忍術学校の問題児、ナルトは今日もイタズラ三昧!! そんなナルトのでっかい夢は歴代の勇者、火影の名を受けついで、先代を越える忍者になることだ。だがナルトには出生の秘密が…!?

■編集部スタッフコメント
・連載期間15年間。完結してから漫画を読みたい派としては、ようやくNARUTOをちゃんと読めるという謎の感慨。
・現在、“週刊少年ジャンプ”の連載作品でコミックスを全巻買ってるのって『ONE PIECE』と『HUNTER×HUNTER』、そしてこの『NARUTO』なんですが、それぞれ連載開始が1997年、1998年、1999年とのことで。そのうちの一つが完結ってのは感慨深いですね。あとの2つが完結するのはいつぐらいになるのかな……(笑)
・バトル漫画は、全巻読破をしなおす甲斐のある作品。完結がうれしいだってばよ。

銅賞:ハチワンダイバー(柴田ヨクサル)全35巻

~公式サイトより~
あらすじ
将棋のプロを目指しながらも挫折し、賭け将棋を生業とする「真剣師」となった菅田!! メイド姿の女真剣師・そよに出会ったことでヤクザすら避けて通ると言われる裏の真剣師集団「鬼将会」の打倒に力を貸すことに! 一つの勝負に命すら賭ける将棋の奥深さが炸裂する唯一無二の超ハイテンション将棋マンガ!!

■編集部スタッフコメント
・電王戦があったりと、将棋が脚光を浴びた2014年でしたが、将棋漫画という地味なジャンルで人気を保ち続けたのは、キャラクター設定の飽きさせなさではないかと。
・17巻くらいまで買ってて、その後ちょっと止まってたんですが完結したので今度一気読みしようと思います。『ハチミツとクローバー』『3月のライオン』の羽海野チカ先生が「イナズマみたいなネーム力!」と評した作品。熱いです。
・毎回展開が全く読めない柴田ヨクサル作品、今回は将棋というジャンル、あれ? 格闘はしないのかな? と思ったらそんなことはなかった、これこそ世界最強の格闘技! その真髄を見たり!! 将棋が分からなくても楽しめるって凄いし将棋を知っていたらもっと楽しめる事うけあいです。

4位:あさりちゃん(室山まゆみ)全100巻



~公式サイトより~
あらすじ
底ぬけに明るいあさりちゃんが元気いっぱい大あばれ!! のスーパーギャグ。“女性漫画家による最多巻数”世界一記録を打ち出した作品です。

■編集部スタッフコメント
・率直な感想を言うと、「まだやってたんだ!」という驚きです。初めて見たときに、年上だったあさりちゃんですが、今や自分の娘でもおかしくない年齢になってしまいました。。。
・連載開始が1978年。1982年にはアニメにもなってた名作。その昔読んだシージャックさんが出てくる長編とか覚えてます。36年の歴史に幕ということで、1巻と最終100巻を記念に買いました。ノミネート作品では、この作品や『ああっ女神さまっ』『あぶさん』『小さな恋のものがたり』といった超長期連載作品も今年完結なのか……。
・1978年から連載がスタートしているご長寿漫画あさりちゃん。全100巻という美しい区切りで無事完結。

5位:ローゼンメイデン(PEACH-PIT)全10巻

~公式サイトより~
あらすじ
人形師ローゼンが作ったとされる伝説のアンティークドール。薔薇乙女とも呼ばれる。全部で7体(水銀燈・金糸雀・翠星石・蒼星石・真紅・雛苺・雪華綺晶)からなる「ローゼンメイデン」は、ただ一人「至高の少女(アリス)」になるために、「アリスゲーム」の名のもと戦い、互いのローザミスティカを奪い合うことを宿命づけられている。「アリスゲーム」を戦うために、ドールは人間(マスター)と契約し、マスターを媒介にして力を得る。

■編集部スタッフコメント
・2007年に連載終了と発表されたものの、2008年から連載再開してましたが、ついに連載終了。。。ほんとに、終了なんですかね?
・この作品、『Rozen Maiden』と『ローゼンメイデン』がありまして、何らかの事情で「コミックバーズ」での『Rozen Maiden』がいきなり連載終了。「週刊ヤングジャンプ」で『ローゼンメイデン』が始まるというすったもんだをリアルタイムで味わっていたのですが、無事完結してホッとしております。
・結局、いったいアリスゲームは誰が勝つのだ!? と中盤やきもきしましたが、幻想的な最終回にうっとり。美しい表紙を全10巻並べるとドールとマスターがずらりと圧巻です。

6位:小さな恋のものがたり(みつはしちかこ)全43巻

~公式サイトより~
あらすじ
チッチのせつない片恋を、50年を超えて描き続けてきた叙情まんが『小さな恋のものがたり』。

7位:ああっ女神さまっ(藤島康介)全48巻

~公式サイトより~
あらすじ
猫実工大に通うごく普通の大学生・森里螢一は、ある日「お助け女神事務所」に間違い電話をかけてしまい、鏡の中からベルダンディーと名乗る女神を呼び出してしまう。どんな願いでも1つだけ叶えるという彼女に、「君のような女神に、ずっとそばにいてほしい」と言ってしまったことをきっかけに、螢一はベルダンディー、その姉妹であるウルド、スクルドの3女神と同居生活をスタートさせるのだった。

8位:All You Need Is Kill(竹内良輔、小畑健)全2巻




~公式サイトより~
あらすじ
「出撃なんて、実力試験みたいなもんじゃない?」敵弾が体を貫いた瞬間、キリヤ・ケイジは出撃前日に戻っていた。トーキョーのはるか南方、コトイウシと呼ばれる島の激戦区。寄せ集め舞台は敗北必死の激戦を繰り返す。
出撃。戦死。出撃。戦死。
ー死すら日常になる毎日。ループが百五十八回を数えたとき、煙たなびく戦場でケイジは一人の女性と再会する・・・・。ひとりの兵士の成長と選択を描く、切なく不思議なタイムループ・バトル・アクション。


9位:あぶさん(水島新司)全107巻

~公式サイトより~
あらすじ
南海ホークスに入団して、今年で現役生活37年目。伝説の酒しぶき代打男・あぶさんは今日も健在。プロ野球界きっての生き字引として歩み続けるオリジナルが誇る野球人生物語!!

10位:AZUMI(小山ゆう)全18巻


~公式サイトより~
あらすじ
舞台は幕末ー若き志士の情熱が滾った変革の時代。謎に包まれた少女“あずみ”の伝説がこれより始まる。

『完結マンガ大賞2014』受賞作 一覧

金賞:東京喰種トーキョーグール(石田スイ)全14巻
銀賞:NARUTO(岸本斉史)71巻~ 既刊【2014年連載終了作品】
銅賞:ハチワンダイバー(柴田ヨクサル)全35巻
4位:あさりちゃん(室山まゆみ)全100巻
5位:ローゼンメイデン(PEACH-PIT)全10巻
6位:小さな恋のものがたり(みつはしちかこ)全43巻
7位:ああっ女神さまっ(藤島康介)全48巻
8位:All You Need Is Kill(竹内良輔、小畑健)全2巻
9位:あぶさん(水島新司)全107巻
10位:AZUMI(小山ゆう)全18巻

【集計期間】2014年12月5日(金)~2014年12月10日(水)/コッソリアンケート

ご長寿漫画やバトル漫画など、魅力たっぷりの作品ばかり。今年の締めくくりに完結漫画を読破してみては。

結果発表 – 完結マンガ大賞2014 – コッソリアンケートβ
http://find.moritapo.jp/enq/result.php/84308 [リンク]

※ノミネート作品一覧はこちらの記事でご覧いただけます。
『NARUTO』『あぶさん』『姉の結婚』など……アノ名作がついに完結! 『完結マンガ大賞2014』投票受付開始 
http://getnews.jp/archives/711293[リンク]

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好きでだいたい踊っています。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP