体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『完結マンガ大賞2014』発表! グランプリは『東京喰種トーキョーグール(石田スイ)』全14巻

manga_prize

『ネット流行語大賞2014』『アニメ流行語大賞2014』に続いて『完結マンガ大賞2014』も結果発表! 2014年に完結した漫画、ノミネート21作品のなかから、みなさんのアツい投票(総投票数2434票)を受け『完結マンガ大賞2014』受賞作品が決定。さて、投票結果は……?

※全ての画像が表示されない場合はガジェット通信からご覧ください。

『完結マンガ大賞2014』結果発表

金賞:東京喰種トーキョーグール(石田スイ)全14巻
銀賞:NARUTO(岸本斉史)71巻~ 既刊【2014年連載終了作品】
銅賞:ハチワンダイバー(柴田ヨクサル)全35巻

金賞は『東京喰種トーキョーグール(石田スイ)全14巻』。数ある名作の中から本作が選ばれました。銀賞は『NARUTO(岸本斉史)71巻~』。ジャンプの人気漫画が本年度とうとう連載終了。注目を集めました。銅賞は『ハチワンダイバー(柴田ヨクサル)全35巻』。将棋漫画が受賞にランクイン。

受賞作品あらすじと、編集部の漫画好きスタッフによるコメントをお送りいたします。

『完結マンガ大賞2014』受賞作品あらすじ・スタッフによるコメント

金賞:東京喰種トーキョーグール(石田スイ)全14巻

『完結マンガ大賞2014』発表! グランプリは『東京喰種トーキョーグール(石田スイ)』全14巻

~公式サイトより~
あらすじ
人を喰らう怪人”喰種(グール)”が跋扈する東京。日常に隠れて生きる、正体が謎に包まれた”喰種”の脅威に、人々は恐れを感じ始めていた。読書好きの平凡な大学生・カネキは、通い詰める喫茶店「あんていく」にて、自分と同じく高槻泉を愛読する少女・リゼと出会う。自分の運命を大きく変えることになるとは知らずに…。人間の命を奪い、喰い生き永らえる怪人の存在に疑問と葛藤を抱きつつ、あるべき世界のあり方を模索する青年の未来は――!?

■編集部スタッフコメント
・東京喰種トーキョーグールが完結してるのか? というと微妙なところもありますが、アニメ化も大人気だったので、2014年作品として記憶に新しいです。
・この作品とか、ノミネートされた「彼岸島 最後の47日間」とか、連載で打ち切りエンドか? と思ったけどその後すぐ新編が始まるってのが続きましたね。いずれにせよ新編は楽しみです。

銀賞:NARUTO(岸本斉史)71巻まで既刊【2014年連載終了作品】

『完結マンガ大賞2014』発表! グランプリは『東京喰種トーキョーグール(石田スイ)』全14巻

~公式サイトより~
あらすじ
ここは木ノ葉隠れの里。忍術学校の問題児、ナルトは今日もイタズラ三昧!! そんなナルトのでっかい夢は歴代の勇者、火影の名を受けついで、先代を越える忍者になることだ。だがナルトには出生の秘密が…!?

■編集部スタッフコメント
・連載期間15年間。完結してから漫画を読みたい派としては、ようやくNARUTOをちゃんと読めるという謎の感慨。
・現在、“週刊少年ジャンプ”の連載作品でコミックスを全巻買ってるのって『ONE PIECE』と『HUNTER×HUNTER』、そしてこの『NARUTO』なんですが、それぞれ連載開始が1997年、1998年、1999年とのことで。そのうちの一つが完結ってのは感慨深いですね。あとの2つが完結するのはいつぐらいになるのかな……(笑)
・バトル漫画は、全巻読破をしなおす甲斐のある作品。完結がうれしいだってばよ。

銅賞:ハチワンダイバー(柴田ヨクサル)全35巻

『完結マンガ大賞2014』発表! グランプリは『東京喰種トーキョーグール(石田スイ)』全14巻

~公式サイトより~
あらすじ
将棋のプロを目指しながらも挫折し、賭け将棋を生業とする「真剣師」となった菅田!! メイド姿の女真剣師・そよに出会ったことでヤクザすら避けて通ると言われる裏の真剣師集団「鬼将会」の打倒に力を貸すことに! 一つの勝負に命すら賭ける将棋の奥深さが炸裂する唯一無二の超ハイテンション将棋マンガ!!

■編集部スタッフコメント
・電王戦があったりと、将棋が脚光を浴びた2014年でしたが、将棋漫画という地味なジャンルで人気を保ち続けたのは、キャラクター設定の飽きさせなさではないかと。
・17巻くらいまで買ってて、その後ちょっと止まってたんですが完結したので今度一気読みしようと思います。『ハチミツとクローバー』『3月のライオン』の羽海野チカ先生が「イナズマみたいなネーム力!」と評した作品。熱いです。
・毎回展開が全く読めない柴田ヨクサル作品、今回は将棋というジャンル、あれ? 格闘はしないのかな? と思ったらそんなことはなかった、これこそ世界最強の格闘技! その真髄を見たり!! 将棋が分からなくても楽しめるって凄いし将棋を知っていたらもっと楽しめる事うけあいです。

1 2 3次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。