体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アドラー心理学から学ぶ「行動力」の磨き方

エンタメ
アドラー心理学から学ぶ「行動力」の磨き方

 「やりたいことが見つからない」
 「口だけで行動が伴わない」
 「目標に向かって計画を立ててもなんだかんだ理由をつけて実行を先延ばしにする」
 などなど、「行動力のない自分」に嫌気が差している人は多いはず。
 フロイトやユングと並び「心理学の三大巨頭」とされるアルフレッド・アドラーが創始した「アドラー心理学」においては、「行動」というものをどう捉えているのでしょうか。
 今回はアドラーの研究者であり、ベストセラーとなった『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社/刊)の著者(古賀史健氏との共著)である、岸見一郎さんに『本気で変わりたい人の 行動イノベーション―本当の欲望に素直になれば、やる気が目覚める―』(秀和システム/刊)の著者である大平信孝さんがインタビューをしました。

◇ ◇ ◇

大平:今日は岸見先生にアドラー心理学を踏まえて「行動」という切り口でお話をうかがえればと思います。私の著書もアドラー心理学がもとになっているのですが、「行動できない人」が「行動できる人」に変わるために「自分の本当の欲求を知ること」がポイントになるとしています。ただ、難しいのが「本当の欲求」を知るために自分と向き合う際、「“行動できないダメな自分”を反省しないといけない」ということで、自分を責めて終わってしまう人が多いんです。
 そこで、「まずは自分と仲良くなってほしい。それができてはじめて自分の思いや願いが心の奥底から出てきて、行動とリンクするようになる」と書きました。先生は著書の中で「自己受容」といったことについて書かれていて、「その通りだな」と思ったのですが、「自分を受け入れることが行動につながる」ということについてお考えをお聞かせ願えますか。

岸見:人は、「感情と理性」だとか「意識と無意識」「心と体」というように二元的に考えがちです。大平さんは「本当の欲求」といういい方をされますが、「本当」というからには「偽物の欲求」も想定されているわけです。しかし、アドラーが創始した「個人心理学」は「分割できない全体としての個人」を扱うのですから、「本当の自分」と「偽の自分」というように人を分けては考えません。
 たとえば、ダイエットをしているから間食をしないようにしていたけど、目の前にお菓子があって、食べようかどうしようかと葛藤した挙句、つい食べてしまったと。でも、「つい食べてしまった」だと、「本当は食べたくなかったのに食べてしまった」ということでは自分の責任が消えてしまいます。
 アドラーはこういう考え方ではなく「食べてしまったその瞬間においては、お菓子を食べることがその人にとって“善”(自分にとってためになるということです)だった」と考えるのです。

大平:「本当の欲求」という言葉を使ったのには理由があります。「欲求」という言葉は、すごく大きくて捉えどころがない。そこを何とかわかりやすく伝えたかったんです。
 「分ける」ということでいうと、私のコーチング・セッションでは、「頭で考えていること」と「心で感じていること」「体のコンディション」の3つを分けて考えてみましょうと言っています。そうすることで、自分の中でこんがらがってしまったものがうまくほどけることがありますし、思い込みのような形で凝り固まっていたものがほぐれることもあります。
 岸見先生がおっしゃるように、人は全体であって分割できるものではないとは思います。ただ、いろんな思いが混じってしまったり、自分でも正体のわからないものを抱え込んで、自分が何を求めているのかわからなくなってしまっている方もいらっしゃるので、そこを上手に突き詰めていくために、あえて「心・体・頭」を分けて考えているんです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会