ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アドラー心理学から学ぶ「行動力」の磨き方

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
アドラー心理学から学ぶ「行動力」の磨き方

 「やりたいことが見つからない」
 「口だけで行動が伴わない」
 「目標に向かって計画を立ててもなんだかんだ理由をつけて実行を先延ばしにする」
 などなど、「行動力のない自分」に嫌気が差している人は多いはず。
 フロイトやユングと並び「心理学の三大巨頭」とされるアルフレッド・アドラーが創始した「アドラー心理学」においては、「行動」というものをどう捉えているのでしょうか。
 今回はアドラーの研究者であり、ベストセラーとなった『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社/刊)の著者(古賀史健氏との共著)である、岸見一郎さんに『本気で変わりたい人の 行動イノベーション―本当の欲望に素直になれば、やる気が目覚める―』(秀和システム/刊)の著者である大平信孝さんがインタビューをしました。

◇ ◇ ◇

大平:今日は岸見先生にアドラー心理学を踏まえて「行動」という切り口でお話をうかがえればと思います。私の著書もアドラー心理学がもとになっているのですが、「行動できない人」が「行動できる人」に変わるために「自分の本当の欲求を知ること」がポイントになるとしています。ただ、難しいのが「本当の欲求」を知るために自分と向き合う際、「“行動できないダメな自分”を反省しないといけない」ということで、自分を責めて終わってしまう人が多いんです。
 そこで、「まずは自分と仲良くなってほしい。それができてはじめて自分の思いや願いが心の奥底から出てきて、行動とリンクするようになる」と書きました。先生は著書の中で「自己受容」といったことについて書かれていて、「その通りだな」と思ったのですが、「自分を受け入れることが行動につながる」ということについてお考えをお聞かせ願えますか。

岸見:人は、「感情と理性」だとか「意識と無意識」「心と体」というように二元的に考えがちです。大平さんは「本当の欲求」といういい方をされますが、「本当」というからには「偽物の欲求」も想定されているわけです。しかし、アドラーが創始した「個人心理学」は「分割できない全体としての個人」を扱うのですから、「本当の自分」と「偽の自分」というように人を分けては考えません。
 たとえば、ダイエットをしているから間食をしないようにしていたけど、目の前にお菓子があって、食べようかどうしようかと葛藤した挙句、つい食べてしまったと。でも、「つい食べてしまった」だと、「本当は食べたくなかったのに食べてしまった」ということでは自分の責任が消えてしまいます。
 アドラーはこういう考え方ではなく「食べてしまったその瞬間においては、お菓子を食べることがその人にとって“善”(自分にとってためになるということです)だった」と考えるのです。

大平:「本当の欲求」という言葉を使ったのには理由があります。「欲求」という言葉は、すごく大きくて捉えどころがない。そこを何とかわかりやすく伝えたかったんです。
 「分ける」ということでいうと、私のコーチング・セッションでは、「頭で考えていること」と「心で感じていること」「体のコンディション」の3つを分けて考えてみましょうと言っています。そうすることで、自分の中でこんがらがってしまったものがうまくほどけることがありますし、思い込みのような形で凝り固まっていたものがほぐれることもあります。
 岸見先生がおっしゃるように、人は全体であって分割できるものではないとは思います。ただ、いろんな思いが混じってしまったり、自分でも正体のわからないものを抱え込んで、自分が何を求めているのかわからなくなってしまっている方もいらっしゃるので、そこを上手に突き詰めていくために、あえて「心・体・頭」を分けて考えているんです。

岸見:コーチングの手続きとして、そういう風に話を持っていくというのであれば、それはそれでありなのかもしれませんが、アドラー心理学ではそのように考えないのです。
 アドラー心理学はもっとシンプルに考えます。先ほど話したように、アドラー心理学ではどんな判断も、その時のその人にとっては“善”だと判断したと考えます。このことを踏まえて最初のご質問に答えるなら「その時その人が“善”だと思ったならば、それは必ず行動に繋がる」ということです。もちろん、判断を間違えるということはありますけどね。
 「判断を間違える」ということについて補足すると、「知行合一」という言葉があって、これは「本当に知ることができれば、必ず正しい行動をする」という、ギリシア以来、哲学の大きな流れとなる考え方です。たとえば、間食してしまったというのは、ダイエットしているという状況でいえば間違った判断ですが、そういう間違った判断をしてしまったということは、本当にはダイエットをすることが善であるとは知ってはいなかったということです。

大平:「知行合一」は私も好きな言葉です。自分の思った通りに物事が進まないということは、間違った判断をしている可能性があって、間違った判断をするのは真の意味で知っていないと。「行動できる人」になるためにもそれは言えて、「自分の思い」「自分の欲求」を本当の意味で知る必要があると考えています。

岸見:「ネガティブな人」だとか「自分を否定しがちな人」がいます。興味深いのは、そういう人自身が「前向きでポジティブ」に変わりたいと願っているかというとそうでもないということです。「自分には魅力がなくて、どうせ誰にもモテないから男性とは関わりたくない」という女性が、例えば「赤面症を治したい」と訴えたとすれば、その女性はある目的があって「赤面症」の症状を訴えていると考えることができます。
 その目的を知るために「赤面症になってできなくなったことはありますか」あるいは「赤面症が治ったら何がしたいか」とたずねます。後者の質問に、「男性とお付き合いたい」と答えたとすれば、この答えから、赤面症を理由にして男性とお付き合いをしないと決心しているということがわかります。つまり、「私は赤面症だから男性とお付き合いができない」「赤面症だからお付き合いしたくない」のです。少なくともその時点では、大平さんの言葉を使うならば、これが「本当の欲求」ですよね。
 でも、これはその人にしか通用しないという意味で私的論理です。コモンセンスではない。恥ずかしがり屋で頬を赤くする女の子が好きな男性はたくさんいるからです。
 私とすれば「赤面症は男性と関われないことの本当の理由ではない」と知ってほしいわけです。だから、「悪いことは言わないから、赤面症を治そうなんて思わないことだよ」というかもしれません。なぜかというと、実際のところは男性から魅力がないと思われたりふられたりするのが怖いから男性を避けているのであって、赤面症は後付けの理由だからです。男性と付き合わなければふられることもないので、「赤面症だからお付き合いしたくない」は本当の欲求なのです。

大平:なるほど。相談にきたその瞬間はたしかに「赤面症だからお付き合いしたくない」は本当の欲求なんでしょうね。でも、コーチングは「今」だけではなく「未来」を扱うものです。「赤面症が治ったら男性と付き合いたい」という先程のお話ではないですけど、今後、自分を変えることができたら男性と付き合いたいという気持ちもあるはずですよ。
 その女性に、岸見先生ならそのような女性にどのようにカウンセリングをされるのですか?

岸見:赤面症そのものへの対処はしないという主旨を説明して、赤面症を治すのではなく、自信をつけるカウンセリングをしましょうと提案するでしょうね。何の理由もなく男性と付き合えない現実を受け入れることはできないので赤面症を必要とする人から症状だけを除去することはできません。必要な症状だからです。
 自信をつけることで赤面症が必要ではなくなればカウンセリングを終えることができます。もっとも、自信がつけば男の人と付き合うことになり、そうなるとふられるかもしれないわけですから、自信をつけないでおこうと考えている人に自信をつけるカウンセリングをするのは簡単ではありませんが。
(後編につづく)


(新刊JP)記事関連リンク
行動しない「口だけ人間」 9つのタイプ
自信がない、忙しい…「行動力がない人」の共通点(大平さんインタビュー前編)
「行動力」を養う1分間トレーニング(大平さんインタビュー後編)

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。