ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

連載陣には岡村靖幸、サンボマスター・山口、酒井若菜……『水道橋博士のメルマ旬報』が期間限定で無料配信中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お笑いコンビ「浅草キッド」として、すでにベテラン芸人の域に達しつつも、最近は「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ・読売テレビ系)のコメンテーターや書籍『藝人春秋』(文藝春秋)の出版など、多彩な活動を見せる水道橋博士さん(以下、博士)。実は、彼が「編集長」でもあることを、ご存知でしょうか?

 博士が編集長を務めるのは、メールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』。2012年11月にスタートしたもので、今年11月25日に配信された最新号で50号に到達しました。「大人の『コロコロコミック』、子どもの『文藝春秋』」が同メルマガのスローガンですが、毎号20万字を超える文字数となっており、まさに分厚い雑誌を想起させるメルマガとなっています。

 そして最新号は、50号達成を記念して、期間限定の無料配信も実施。

 実際に読んでみると、編集長の博士だけでなく、文芸関係者では樋口毅宏さん、竹内義和さん、杉江松恋さんなどが執筆中。また、ミュージシャンの岡村靖幸さんやサンボマスター・山口隆さん、タレントではマキタスポーツさんや酒井若菜さん……などなど、ここでは挙げきれないくらいの豪華連載陣が顔を揃えるメルマガとなっています。

 最新号で特に目を引くのが、構成作家・相沢直さんによる「【特別掲載】『道重さゆみ年表 増補版』」。道重さんといえば、11月26日をもってモーニング娘。を卒業します。同年表は、そんな彼女が生まれた1989年からモー娘。卒業までの足跡を、約1万9000字(!)で詳細に辿ったものです。

 ちなみに、『メルマ旬報』の通常価格は500円/月。しかも、1ヶ月に2回発行されるので、かなりのお値打ち価格といえそう。この機会に同メルマガを試し読みし、会員になってみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】
水道橋博士のメルマ旬報
https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=s_hakase

■関連記事

今、注目の 「モーションコミック」ってなに?
「今が一番幸せ」、40歳フリー転身女子アナの素顔とは
究極の不幸って何だと思いますか? 

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP