ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマートウォッチ「Gear S」にはセルラー機能無しの「Wi-Fi / Bluetooth対応モデル」が存在、日本でも発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung の Tizen スマートウォッチ最新モデル「Gear S」には セルラー機能を搭載しない「Wi-Fi / Bluetooth対応モデル」が存在し、国内で発売されることが判明しました。Gear S は、音声通話も可能な 3G 対応である点が特徴の製品で、海外では 3G モデルしか投入されていません。しかし、Samsung Japan は同社の公式サイトで「3G / Wi-Fi / Bluetooth 対応モデル」とは別に、「Wi-Fi / Bluetooth 対応」モデルの製品ページを公開しており、セルラー機能を搭載しないモデルが存在することを明らかにしました。Wi-Fi / Bluetooth 対応モデルは Gear 2 のように Galaxy スマートフォンと連携させて利用します。単独で音声通話を行うことはできません。製品ページによると、このモデルはキャリアでは KDDI で販売中、その他では Galaxy Shop で「近日発売」予定です。au Online shop 価格 38,880 円となっています。Source : Samsung Japan


(juggly.cn)記事関連リンク
LG G Pad 8.3 Google Play EditionがChromecastの「画面のキャスト」機能に対応
Google、ホリデーシーズンのキャンペーンでChromebookの購入者にGoogleドライブストレージ1TBを2年間無料で提供
スマートウォッチ「Pebble」が全アプリからの通知の転送に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP