体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マンションの共用施設に「女子会ルーム」、「囲炉裏部屋」って本当?

えっ、ここがマンションの共用施設?(写真撮影:井村幸治)

マンションの共用施設も進化をみせ、最近では「女子会ルーム」や「囲炉裏部屋」、「カプセルカラオケ」が設置された物件も登場しているようだ。早速現地を訪ねて、マンション共用施設の最前線をレポートしてきた。総戸数1284戸の超大型マンション「ザ・ミリカシティ」だからできる仕掛け!

マンションの共用施設にもさまざまなものがある。特に大型物件では販売促進の目玉として、プールや温泉、フィットネスクラブといった豪華な施設が設置されることもあった。しかし、メンテナンスのコスト、運営や維持管理面を考えると必ずしも成功と呼べないケースもあり、最近では”ハデ”な施設は少なくなってきている。しかし、そのトレンドに逆らうようなマンションが登場した。

「ザ・ミリカシティ」は大阪府吹田市の丘陵地帯、MBS千里丘放送センターの跡地で建設が進む総戸数1284戸の超大型マンションだ。そのうち、先行開発された「ミリカ・ヒルズ」(総戸数633戸)ではすでに入居も始まり、現在は「ミリカ・テラス」(総戸数651戸)が販売中。この「ミリカ・テラス」に女子会ルームや囲炉裏部屋という斬新な共用施設が設けられるそうなので、現地を訪ねてみた。

【画像1】現地販売センターを兼ねる「マンションギャラリー」。併設された室内遊び場「キドキド」には近隣からも親子連れが遊びに来ているそうだ(写真撮影:井村幸治)

【画像1】現地販売センターを兼ねる「マンションギャラリー」。併設された室内遊び場「キドキド」には近隣からも親子連れが遊びに来ているそうだ(写真撮影:井村幸治)

【画像2】「マンションギャラリー」の木製の大きな扉を開けると、ロープウェイが登場! 「ここはアスレチック施設?」と、ワクワクさせられるサプライズだ(写真撮影:井村幸治)

【画像2】「マンションギャラリー」の木製の大きな扉を開けると、ロープウェイが登場! 「ここはアスレチック施設?」と、ワクワクさせられるサプライズだ(写真撮影:井村幸治)

このマンションギャラリー(販売センター)は単なるモデルルームではない。代表的な共用施設を実物大で再現し、その使用感を体験できるのだ。1300戸近い大規模物件だからこそできる仕掛けで、まるでテーマパークのようでもある。人生を楽しむために”個”が主役となれる共用施設、テーマは「秘密基地」

「ミリカ・テラス」の街づくりのコンセプトは「人生を楽しむ家」。共用施設も、人生を楽しむための設備がそろっているようなので、まず特徴的なものをご紹介しよう。

【画像3】「女子会ルーム」は18歳以上の女性と同伴の子どものみが利用できる。ゆったり座れる円形ソファの横にはお子様スペースも確保されており、「気兼ねなく一晩中おしゃべりを楽しめそう」と、見学者の反響も大きいようだ(写真撮影:井村幸治)

【画像3】「女子会ルーム」は18歳以上の女性と同伴の子どものみが利用できる。ゆったり座れる円形ソファの横にはお子様スペースも確保されており、「気兼ねなく一晩中おしゃべりを楽しめそう」と、見学者の反響も大きいようだ(写真撮影:井村幸治)

【画像4】炭火を使える「囲炉裏部屋」は男性にはたまらない施設! 企画を練る際には、実際に旅館に泊まって囲炉裏を囲みながら議論を重ねたそうだ(写真撮影:井村幸治)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会