ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Nexus Player(Fugu)用のファクトリーイメージを「LRX21V」ビルドにアップデート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Nexus Player(Fugu)用のファクトリーイメージを Android 5.0(Lollipop) の最新ビルドとなる「LRX21V」にアップデートしました。LRX21V ビルドは Nexus Player にとって初のアップデート版になります。変更内容や更新ファイルも配信されているのかどうかはまだ確認されていません。発売時のビルドは「LRX21M」なので、おそらく発売後に修正された箇所を適用した内容になると思います。ファクトリーイメージは Nexus Player を工場出荷時状態に戻すためのファイル群。下記のリンク先で配布されている tgz ファイルには、システムイメージやブートローダー、インストール用のバッチ(Widows 用)/ シェルスクリプト(Linux / Mac 用)が同梱されており、それを実行するとこのビルドで初期化されます。Nexus Player は STB 端末なのですが、ファクトリーイメージの利用方法はスマートフォン・タブレットと同じです。Nexus Player のブートローダーを起動して、(普通に工場出荷時状態に戻す場合は)PC 上でバッチ / スクリプトを実行します。ブートローダーの起動方法が特殊なので説明しますと、Nexus Player 裏面のボタンを押しながら電源ケーブルを接続し、そのまま 5 秒ほど押し続けて離すと「Google」ロゴの後にいつものブートローダー画面が表示されます。モードの表示変更はボタンを 1 回押す、モードの切り替えは長押しします。Source : Google


(juggly.cn)記事関連リンク
MeMO Pad 7 ME572CLのAndroid 5.0アップデートは2015年5月末頃に実施される予定らしい
Vivo X5Maxの側面画像が公開、3.5mmジャックがギリギリといった感じ
2014年Q3のスマートウォッチ出荷シェア、MotorolaはMoto 360だけでシェア15%を獲得、Pebbleを抜いていきなり2位に(Canalys調査)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP