ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Google Play開発者サービス v6.5のリリースを発表、Googleマップ / Googlegドライブ / Google Wallet / Google Fitの新APIを追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米 Google は 11 月 17 日(現地時間)、Android端末における Google サービスの中核を成す「Google Play 開発者サービス」を v6.5 にアップデートすると発表しました。Google Play 開発者サービス v6.5 では、Google マップ、Google ドライブ、Google Wallet、そして、最近開始された Google Fit に関する新 API の追加が行われています。これらは開発者向けの新機能いなるのですが、エンドユーザーにとってもアプリの利便性が向上するものとなります。Google マップでは、Google マップを利用した外部アプリでスポット上にツールバーを表示することが可能になり、経路検索やナビなどをダイレクトに行えるようになります。また、例えば、リストで Google マップの地図を用いる際に特定の場所とズームレベルの小さなビットマップ画像を埋め込める「lite mode」オプションが利用できるようになります。Google ドライブでは、外部アプリでファイルやフォルダの公開・プライベートを設定できるようになるほか、オフラインから復帰した際の同期タイミングも Google ドライブアプリと同様のオプションが提供されます。Google Wallet には、「Buy with Google」に似た寄付を目的とした「Donate with Google」ボタンが追加。Google Fit では、開発者が自身のアプリに、セッションを挿入する際にアクティビティセグメント(事前に定義された時間のランニング、ウォーキング、サイクリングなど)を追加できるようになります。Google Play 開発者サービス v6.5 は数日中にリリースされる予定です。Source : Google


(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei MediaPad T1 8.0 Pro(T1-821)がWi-Fi Allianceの認証を取得
NTTドコモ、Xperia Z2 SO-03F向けに17.1.1.B.3.195ビルドへのアップデートを配信開始
Google KeepのAndroidアプリにメモの共同編集機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP