ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ハイスコアガール』の著作権法違反容疑でスクウェア・エニックスの社員と漫画家の計16人が書類送検

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

11月17日、大阪府警が著作権法違反容疑でスクウェア・エニックス(以下スクエニ)及び同社の社員と漫画家の計16人を書類送検したと報じられた。

スクエニの『月刊ビッグガンガン』で連載している押切蓮介先生の漫画『ハイスコアガール』が、SNKプレイモアの著作権を侵害していたとして8月5日にはスクエニの家宅捜索が行われ、8月6日にはSNKプレイモアがスクエニ及び関係者を刑事告訴。10月8日にはスクエニが「SNKプレイモアの著作権を侵害していない」ことの確認を求めて大阪地裁に提訴したことを明らかにしていた。

報道によれば、16人全員が「許諾を取っているかどうか知らなかった」と容疑を否認し、作者は「スクエニ社が許諾を取ってくれていると思った」と話していたとのこと。

『ハイスコアガール』はゲームをテーマにした人気漫画でアニメ化が報じられた矢先の出来事であり、ネットでは注目されていた。今回の

16人全員が「許諾を取っているかどうか知らなかった」と容疑を否認

という報道に対し、編集部の不手際を非難する声は多いようだ。

同日、『GS美神 極楽大作戦!!』や『絶対可憐チルドレン』の作者である漫画家の椎名高志先生(@Takashi_Shiina)は『Twitter』にて


なんの話かは言わないが、そういうネタやるときってそら漫画家はフツー編集が許可とってると思うじゃん・・・(;´Д`)

と、なんの話かはわからないが意味深なツイートを行っている。

また、『HELLSING』や『ドリフターズ』の作者である平野耕太先生(@hiranokohta)は


16人書類送検って、これ多分、編集部全員じゃなかろうか

とツイートしている。
単行本の回収が発表された8月中旬には『Amazon』や『ヤフオク』などでプレミア価格となっていた『ハイスコアガール』だが、現在値段は落ち着いているようである。しかし、連載再開や新刊の発売等は不明。ファンとしては早く続きを読みたいところであるが、果たして……。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。