ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

週に5時間のアクションゲームで学習能力がアップすることが判明!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
game

ゲームは子どもに悪影響なのか?」みたいな議論が昔からありますが、近ごろ出た研究(英文)によれば、アクションゲームで学習能力が上がるらしい。

・20人の被験者で9週間の実験
これはプリンストン大学の論文でして、普段はゲームをやらない20人の被験者を半分にわけて、一方には『Call of Duty2』や『Unreal Tournament 2004』といったアクションゲームを、残りには『ザ・シムズ4』のようなシミュレーションゲームをプレイしてもらったんですな。実験は9週間ほど続きまして、プレイ時間はおよそ50時間ほど。

・アクションゲームで学習能力がUP
その後、被験者たちに知覚学習テストをやってもらったところ、アクションゲームをプレイしたほうが学習能力が上がってたんですな。さらに、1年後に再検査をしても、この効果は続いていたらしい。

・より良いテンプレートを作る能力
研究者いわく、「人間の予測能力を高めるために、わたしたちの脳は、絶えず外の世界のモデルやテンプレートを作っている。テンプレートの精度が上がるほど、わたしたちは上手く行動することができる。アクションゲームには、より良いテンプレートを作る能力を育てる効果があるのだろう」とのこと。

・生き抜くためのシミュレーション
通常、アクションゲームが上手くなるには、予期せぬ出来事にすばやく対応しつつ、ゲームの世界観を頭のなかで組み立てていく必要があるわけですが、この能力が、現実世界を生き抜くためのシミュレーションにもなっているわけですね。

・週に5時間のプレイだけで十分
ちなみに、アクションゲームで学習能力を高めるには、週に5時間のプレイだけで十分とのこと。決してゲームをやるほど頭が良くなるってわけじゃないので、ご注意ください。久々にXboxで遊んでみるかな…。

この人の記事をもっと読む http://yuchrszk.blogspot.jp
掲載: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。