ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CyanogenMod 12などで必要になるAndroid 5.0用のGAppsがリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一部のカスタム ROM で Google サービス・アプリを利用するのに必要になる「GApps」。そのAndroid 5.0(Lollipop)版がリリースされました。GApps は Google サービスや Google アプリを利用する上で必要になるファイルを Flash 可能な パッケージ化したものです。CyanogenModやこれをベースにしたカスタム ROM でGoogleアプリを利用する場合は必須アイテムになります。通常、GApps は OS バージョンごとに提供されているので、Android 5.0 でも専用の GApps を用意しなければなりません。Android 5.0 用は、アプリ UI が Material Design 化された最新バージョンを含んでいます。Source : basketbuild(2014年11月9日時点のGApps)


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileのワイヤレス充電対応Bluetoothスピーカー「BSP10」の開封映像
Xiaomi Mi3でAndroid 5.0(Lollipop)が動作
SkypeがWEBブラウザ向けサービス「Skype for Web」をローンチ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP