ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

同窓会急増に見る現代人の心理模様

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東日本大震災の発生後、小中学校や高校時代の同窓会の開催が急増

最近、「同窓会」に参加しましたか?東日本大震災の発生後、小中学校や高校時代の同窓会の開催が増えています。東北の被災地では、震災前と比べて開催件数が1.5倍に達するホテルがあるほか、全国展開する同窓会代行業者では取り扱いが倍以上になったケースがあるようです。高齢層のみならず、若い世代による企画も目立ち、震災を機に旧交を温めようと、その機運は世代を超えて高まっているのです。

「同級生に会うと、すぐ昔に戻れる。元気をもらえた」と笑顔で話す人や「今、同窓会をしなければ、生きて会えないかもしれない」といった思いを語る人もいるようです。なぜ、今、同窓会が増えているのでしょう。

震災を経験したことで、人々は「命」の限りを意識し始めた

トルストイの著書「人は何で生きるのか」にもあるように、人間は、いつ「死」が訪れるのか、それは誰にもわかりません。よって、今の自分に本当に何が必要なのかがわからないのです。来年、死期が訪れるとしても、ローンを組んで新築一戸建てを建てる人もいるでしょうし、遺産を巡って兄弟と骨肉の争いをしている人もいるでしょう。もしくは失恋で途方に暮れている人もいると思います。

現代は、文明が発達し、世の中は刺激と楽しみに溢れています。さらに、日本は長寿大国です。きっと戦後までの日本と比べて、「命」の限りを意識することに対して疎くなっているのでしょう。だからこそ「侍」や「大戦中の兵士」に対して、「美」を感じるのかもしれません。失うものが多かった先の東日本大震災を経験したことで、人々は「命」の尊さを認識し直したのではないでしょうか。

「立場」が付く前の「素の自分」を知っている人の尊さ

また、人間には、自己肯定欲求という欲求が存在します。褒められたい、認めてほしいという欲求です。褒め言葉もそうですが、「自分を知ってくれている」ということも、自己肯定欲求を満たすことになります。

人は、自分を知ってほしいのです。SNSが活発な日本では、レストランで食べ物の写真を撮ってはアップしたり、「○○なう」と自分の居場所を知らせたりします。大人になると、親であることや役職など様々な「立場」が付いて、「素の自分」を知る人は少なくなっていきます。ところが旧友はどうでしょう。「立場」が付く前の自分を知ってくれています。

命の尊さを知り、自分を知る人の尊さを知ったことから、「同窓会」という場を現代人は求めているのかもしれません。

(青柳 雅也/心理カウンセラー)

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP