ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

壁紙を選べる賃貸で楽しむDIY。ウォールアートカスタマイズの魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、お部屋の壁紙を無料で選べる賃貸物件が増えています。なかでも、そうしたサービスの先駆けとして展開されてきたのが、レオパレス21の「お部屋カスタマイズ」。対象物件では、入居時に壁の1面を無料で張り替えられるだけでなく、棚を取り付けたり絵を描くこともできます。実際に入居者の方はどのように壁をカスタマイズしているのでしょうか。というわけで、レオパレス21主催の「お部屋カスタマイズコンテスト」で、今年最優秀賞を獲得したIさんのお部屋を取材してきました。

Iさん(30代・男性)
■住まいデータ
所在地:東京都世田谷区
築年数:築6年
アクセス:京王線千歳烏山駅から徒歩14分
間取り:1K/28.02m2
家賃:8万円台(管理費込み)
入居時期:2013年8月

【間取図】1K/28.02m2物件との出会いからお部屋カスタマイズの楽しさを発見

3年前、大阪から上京するに当たって、閑静なエリアを希望していたIさん。世田谷の千歳烏山(ちとせからすやま)という場所をレオパレスセンターで勧められ、こちらの物件をチョイス。

当初Iさんは知らなかったそうですが、このお部屋は100種類以上の壁紙から好きなものを選び、入居時に壁の1面を無料で張り替え、さらに退去時に追加費用が発生しない「お部屋カスタマイズ」というレオパレス21のサービス対象物件。担当者から説明を受けると、「無料だし、せっかくなら壁紙を変えたい!」と利用することに。とはいえ、100種類以上の壁紙から1つを選ぶとなると難しく、迷ってしまったとか。

「担当の方とも相談しながらじっくり選びました。最終的にベースカラーは黒がいいなと思いましたが、黒だけでも種類が多くて悩みました(笑)。担当者から『金運がアップするかもしれませんよ』とアドバイスしてもらったこともあって、ちょっとだけゴールドが入っている現在の壁紙に決めました」(Iさん)

もともと、アパレルで働いたのち建築デザインの勉強をしていたIさん。ファッションやデザインには並々ならぬこだわりがあります。お部屋カスタマイズでは、壁紙を交換した1面について棚を取り付けたり絵を描くこともできるということで、Iさんのセンスやスキルを思う存分に発揮できる、またとない機会でもあったようです。壁を自由にDIY! 装飾もアートも思い通りに

副業でアートの制作も手掛けているIさん。壁紙を変えるだけではなく、壁の模様にマッチするようにウォールアートで装飾。また、お客さんを招いたときに興味を持ってもらえたらと、自作した最新の絵画をなるべく飾るようにしているそう。

【画像1】黒とチャコールグレーの格子模様のうえに、ゴールドが散りばめられたデザインが特徴の壁紙。壁から羽ばたき出しているかのように、蝶の切り絵を壁にピンで留めている(写真撮影:藤本和成)

【画像2】壁紙の色味からアイデアを膨らませ、統一感を意識して制作したという壁面。「なんかいまいち……」という友人のアドバイスを受けて、市販の壁時計を手づくりの時計にチェンジ(写真撮影:藤本和成)

「今までの賃貸では、家具やインテリアなどで部屋をイメージチェンジしていましたが、そうそう買い換えられるものでもありません。なので、壁紙を変えられるといいなとひそかに思っていたのですが、原状回復義務などもあるので何もしないほうがいいのかな……とあきらめかけていました。そんなとき、今の物件に入居し、壁を変えるだけで部屋がこんなに変わるんだということを実感。今は壁づくりに熱中しています(笑)。壁紙を変えたり絵を描いたりすることで、一層暮らしが楽しくなり、友達にも遊びに来てもらいたいと思うようになりました」(Iさん)

【画像3】100円ショップで買ってきたカッティングシートを切って、絵画のイメージに合うような街並みの切り絵を制作(写真撮影:藤本和成)

【画像4】友達から「普通の壁掛け時計じゃつまらない」と指摘され、既製の時計を自分の好みにアレンジして取り付けたそう。こちらも材料はおもに100円ショップで集めたとか(写真撮影:藤本和成)

【画像5】テレビを正面から見たいということで置いたベンチ。シックな空間に木製のベンチを置くことで、落ち着き感のある雰囲気が加わります(写真撮影:藤本和成)

【画像6】自分のこだわりを壁で表現していく過程が楽しいというIさん。以前に比べて部屋でくつろぐ時間が増えたそうです(写真撮影:藤本和成)

壁紙を1面変えるだけでも、お部屋の印象が見違えるほど。ちなみに、「お部屋カスタマイズ」の有料オプションを利用すれば、追加で壁面を変えることができます。

今後やりたいカスタマイズについてIさんに尋ねると「もうしばらくしたら壁紙を変えて、直接壁にアートを描いてみたい」という回答が。まだまだ、こだわりは尽きません。Iさんにとってここはまさに、自分らしさを表現できるキャンバス。思うままに壁をデザインすることで、部屋に愛着も湧き、生活に彩りが生まれているようです。■レオパレス21からのメッセージ
「貸す側の都合もあって、これまで賃貸で壁紙を変えるというのは、なかなか現実的ではありませんでした。ただ、お部屋カスタマイズをはじめてから、現在にいたるまで全国約2万件でこのサービスが利用されていることから、やはり「壁紙を変えたい」という思いを皆さんお持ちだったんだなと実感しました。壁紙を変えることで生活がより自分らしく、楽しくなったというお声もいただいています。今回の「お部屋カスタマイズコンテスト」では、約70組の応募を頂き、実際にこんな壁にできるという事例を知ることができました。Iさんのように、個性的な壁にカスタマイズしてもらって、自分の部屋に愛着を持ってもらえるとうれしいです」
レオパレス21・曽我浩二さん●レオパレス21「お部屋カスタマイズ」
HP:http://www.leopalace21.com/customize/top.html
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/11/14/73206/

【住まいに関する関連記事】住人の「好き」を大切にしたら、長く愛される家になった
賃貸なのにカスタマイズ?堀北真希が選んだお部屋って?
女子一人でもここまでできる! プロと楽しむDIYの現場に潜入
壁を自由にカスタマイズ!「カスタマイズUR」の入居者募集がスタート
部屋の壁がキャンバスに。若きアーティストに学ぶ「壁面アート」のコツ

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。