ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「アゴ」辻本茂雄さん 吉本新喜劇の魅力を語る

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

関西を代表するアゴキャラタレントとして絶大な人気を誇る辻本茂雄さん。

上沼恵美子さん司会番組のイジられ要員としてなど軽薄なイメージを持たれやすいが、1999年に吉本新喜劇の座長就任以来、確実に劇団、団員の繁栄に手腕を発揮している。

そんな彼が11月11日配信分の動画ニュースサイト『デイリーよしもと』(http://daily.ynn.jp)に出演し、生で観る吉本新喜劇の魅力を語った。

辻本茂雄がなんばグランド花月の支配人に就任!
https://www.youtube.com/watch?v=CguOl2p_OLg

「(吉本新喜劇は)テレビでオンエアするのが45分なんですよ。ライブは時間関係なしで大いに盛り上がるので……50分くらいとってるんですけども。いろんなハプニングもあったりとか漫才も生で観れますしね。必ず大笑いさせます。」

と自信たっぷりの辻本さん。

関西人でも吉本新喜劇を生観劇したことのある人は案外レアな実感があるが、ここまで言い切られると気になってムズムズするというものだ。

現在、吉本新喜劇は大阪のなんばグランド花月と京都の祇園花月で公演中。

地元の方はもちろん、観光で関西を訪れる方もぜひ一度足を運んでみてはいかがだろうか。

『デイリーよしもと・辻本茂雄がなんばグランド花月の支配人に就任!』
http://daily.ynn.jp/detail.html?page=0&p=fc61fae547d6c9b37bcf38202d8fc17e

※画像は『吉本興業』公式サイト、『YouTube』から引用しました
http://www.yoshimoto.co.jp/shinkigeki/

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
中将タカノリの記事一覧をみる ▶

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP