ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

企画職を目指す人は注目! 企業からのお題に答えて選考のチャンスをつかめる転職サイト『PLAN』が企画力のある人材を募集中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


世の中にはいろんな仕事や職種がありますが、中でも花形と言える職種のひとつが“企画職”。「自分のアイデアを製品やサービスにしたい」「アイデアはあるけど形にする手段がない」「企画職になりたいけど募集がない」と日々考えている人もいるのでは。そんな人に朗報です。リクルートキャリアは、企画職に就きたい人と企画力のある人材を採用したい企業のための転職サイト『PLAN』[リンク]を11月にスタート。ユニークな選考方法で企画力のある人材を募集しています。


『PLAN』は、職歴や学歴に関係なく企画力を持つ人材に企画職への転職のチャンスを提供する転職サイト。企画職に転職を希望するユーザーは、参加企業から出された“お題”に回答を投稿することでエントリーでき、優れたアイデアを投稿したユーザーには『PLAN』に掲載された求人の閲覧と応募の資格が与えられます。求人に応募したユーザーは企業によるアイデアの選考後、アイデアに関するディスカッションに参加して企画力を見極められ、採用の合否が判定されます。


何やら大喜利のような面白い選考方法ですが、現在は次のようなアイデアが募集を受け付け中です。

・ジーユー
旦那さんをおしゃれにしたい!そんなわたしの願いを叶えてくれるGUショップの新サービスって?

・チームラボ
婚活×テクノロジー。「婚活って恥ずかしい」なんて概念を覆す自分でも使いたくなる婚活サービスって?

・カヤック
カヤックオリジナルキャラ“コンチ”の人気復活!?予算500万でできるプロモーションプラン募集!

・リクルートマーケティング
「結婚式なんてしなくていいよね」と思っている二人が、やっぱり挙げようと思える式場からのプランって?

・リクルートキャリア
職務経歴書を活かしたサービスをつくろう!あなたがプロデューサーだったらどんなサービスを立ち上げる!?

筆者もいっちょアイデア出ししてみましょうか。まずジーユーの「旦那さんをおしゃれにしたい!そんなわたしの願いを叶えてくれるGUショップの新サービスって?」のお題へのアイデア。

「物持ちいいね!」ボタン
結婚してから、着るものに頓着がなくなりがちな男性諸氏。着慣れているし、穴が開いたわけではないからと、10年経っても流行遅れのシャツやジャケットを着てしまうことも。そんな旦那に注意を喚起するウェブサービス『物持ちいいね!』を提案します。旦那が服を着た写真を公開すると、パンツ、シャツ、ジャケットなどアイテム単位に「物持ちいいね!」ボタンを一般ユーザーが押せるという仕組み。「物持ちいいね!」がいっぱいついた画面を旦那に見せて、「そろそろ買い替えたら?」と促してGUショップへ。ショップで画面を見せると、「今買い替えるならこのシャツ!」などアイテムごとにその人にオススメの服を提案してくれます。

続いてリクルートマーケティングの「“結婚式なんてしなくていいよね”と思っている二人が、やっぱり挙げようと思える式場からのプランって?」のお題へのアイデア。

『YouTube』披露宴
結婚式と披露宴をするときに頭を悩ませるのが「だれを呼ぶか」と「お金」。披露宴の模様を『YouTube』で公開することにして、面倒な会社関係や遠い親戚は呼ばずに済ませば予算削減に効果大。動画は結婚式場の『YouTube』チャンネルで公開し、公開後3か月の再生回数に応じた広告収益をカップルに還元するという特典も用意します。面白くて再生回数の伸びる披露宴を企画すれば、カップルにも式場にも出席者にもいいことだらけ!

……と、企画の出来は別として、このようにお題にどんどん回答していくことで、自分の企画力を鍛えられることも『PLAN』の特徴。11月中の投稿には、“企画の達人”からフィードバックを受けられるという特典もあるそうです。


その企画の達人とは、元バンダイで『∞プチプチ』や鼻をほじれるカプセルトイ『ほじれるんです。』などを企画してきたアイデアマンで、現在はウサギ代表取締役の高橋晋平さん。起業後に『PLAN』のベースとなっているアイデア投稿サイト『みんなの企画会議-Blabo!(ブラボ)』を運営するBlaboのCEO、坂田直樹氏と知り合い、企画のスペシャリストとして依頼を受けたそうです。ユーザーの投稿に対して「僕も勉強になるので楽しみながら、毎日ユーザーに負けじとコメントを書いています」とのこと。


「アイデアが採用に結びつく点が面白い」と『PLAN』を評する高橋さん。掲載されている求人の一覧を見ると、「ジーユーのマーケティング(広告宣伝)」「チームラボのディレクター」「ゼクシィの企画提案営業」など華やかなものばかり。企画職を目指している人は、『PLAN』で企画力を磨いて応募してみては?

PLAN
http://bla.bo/plan

画像:『PLAN』、プレスリリースより引用

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP