体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【旅レポ】上水道は全て地下水! 火の国 熊本の”水”のここが違う!

生活・趣味
IMG_4699

九州のほぼ中央に位置し、阿蘇山を有する ”火の国” 熊本は豊富な水源を持つ ”水の国” でもあります。特に政令指定都市の熊本市は全ての水道水源を地下水で賄っている、世界的に見てもかなり珍しい地域です。今回、水源地ツアーである『水たび くまもと』に参加し、熊本の水源を回ってきましたのでご紹介させていただきます。

健軍水源地

IMG_4598

『健軍水源地』は熊本市全体の約25%(約6万トン)の水源を供給している施設です。熊本の水道水は「蛇口を捻ればミネラルウォーター」と言われるほど美味しく、他県から来た人々にも人気が高いです。

IMG_4579

施設内の『健軍5号井』は自噴井戸としては日本最大級。

IMG_4585

『配水池』は震度7クラスの地震が起きても壊れない構造をしています。震度6弱以上の地震を感知すると緊急遮断弁が作動し、緊急貯水槽として12000立方メートル(熊本市民が1日3リットルの水を使ったとして5日間生活できる量)の水を確保します。

IMG_4596

地下水は、水道法に則って塩素処理をしていますが地層が天然のフィルターになっているため、そのままでも飲めます。硬度79の軟水で後味は円やか、髪を洗えばコンディショナーがなくてもサラッサラになるそうです。

水前寺成趣園

IMG_4688

細川忠利公、光尚公、綱利公の3代にわたって造営された『水前寺成趣園』。東海道五十三次を模していると言われており、水が湧いているのは大名庭園としては非常に珍しいです。

1 2 3 4次のページ
せんとすの記事一覧をみる

記者:

ゲーム系のレビュー記事などを書かせて頂いております。宜しくお願いいたします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会