ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チェコ・プラハの「カレル橋」にある幸福のパワースポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫


チェコのプラハを代表する人気観光スポット「カレル橋」に、観光客に人気の“パワースポット”がある。
そのスポットは、カレル橋に並ぶ30体もの聖人像の中の1体、聖ヤン・ネポムツキー像。この像のレリーフに触ると、“幸福”が訪れると伝わる。そのためか、聖ヤン・ネポムツキー像のあたりだけやたらと観光客が集まり、皆が並んでレリーフに触り、記念写真を撮っている。
ちなみに、聖ヤン・ネポムツキー像は、30体の聖人像で最初に立てられたとされる。そう、カレル橋の聖人像はすべて一度に立てられたのでなく、17世紀から19世紀にかけて続々と増えていったのだ。カレル橋自体も何度か洪水で流され、現在の橋は1357年の着工から60年近くかけて完成した。当時のカレル4世の命により、若き天才建築家のペトル・パルレーシュによって作られ、プラハの両岸を結ぶ唯一の橋だった。
カレル橋のプラハ城側に、南京錠がかけられたスポットもある。いまや世界各地の観光スポットで見かけるこの南京錠だが、プラハではカレル橋そのものでなく、橋の下にあるスポットに集中しているので、場所を探す時は注意してほしい。

特に、韓流ドラマ『プラハの恋人』の舞台となり、韓国人観光客に大人気。ドラマを見てからプラハ、そしてカレル橋を訪れるとよりプラハを楽しめるはず!
(Written by AS)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
チェコを代表する肉料理が絶品 チェコビールとの相性も抜群!
チェコ・プラハ ホテルにキムチも! 韓国人観光客に大人気な理由
日本各地に伝わる和製ハロウィン「お月見どろぼう」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP