ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

早稲田大学のWebサイトがリニューアル 既存大学サイトと一線画す

DATE:
  • ガジェット通信を≫


早稲田大学Webサイト
早稲田大学のオフィシャルサイトが11月5日(水)にリニューアル。既存の国内大学・学校関係のサイトとは一線を画すデザインだとして話題を集めている。

本サイトは、2032年の同校創立150周年記念プロジェクト「Waseda Vision 150」のスローガンである“アジアのリーディングユニバーシティ”を念頭に、グローバル化戦略の一環として制作されたもの。制作を担当したのは株式会社CINRAだ。

テキスト中心の情報伝達から、ビジュアル重視へ


大学のサイトといえば、知的な雰囲気は感じさせつつも、対象とするユーザーも幅広く、文字情報量も非常に多いものだった。

しかし、早稲田大学は今回のリニューアルによって、テキスト中心の情報伝達から、写真や動画、ピクトグラム等、ビジュアルを多用した構成に一新

既存の大学では、肥大化するスマートフォンユーザーへの対応や、観る人の画面サイズに最適化されるような、レスポンシブルWebデザインをはじめとするトレンドを取り入れているサイトは少ない。

さらには国外にも目を向けるべく、言語に依存しないノンバーバルコミュニケーションを実現を目指しているとのこと。2016年までには、順次約80箇所のサイトを統一イメージにてリニューアルする予定だという。

まだ「受験生」や「在校生・教職員」といったメニューがリニューアルされていないものの、大学だけでなく、今後多くの教育機関のサイトのトレンドを変え得るだけのインパクトを持ち、大学関係者や大学生の間で話題となっている。

引用元

早稲田大学のWebサイトがリニューアル 既存大学サイトと一線画す

関連記事

米国初、大学がゲーマー向け奨学金制度を開始 世界で広まるeSportsとは?
大学生による特撮映画「怪獣戒厳令ゼラ」が面白い! 怪獣の襲撃から10年
ライムスターが京都精華大学で連続公開講座! “届く”ラップとは何か?

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP