体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

暮らしながら確かめる!「実験集合住宅NEXT21」の新たな2プランに潜入

実験集合住宅NEXT21の外観(写真提供:大阪ガス)

NEXT21は大阪ガスが1993年に建設した実験集合住宅。大阪ガスの社員とその家族が実際に居住しながらさまざまな住環境や住宅設備を検証していく施設だ。築後20年を経て、新たな居住プランが誕生したというので現地をチェックしてきた。20年以上にわたって居住実験を行ってきたNEXT21で新たな試みがスタート

大阪市の中心部、地下鉄谷町六丁目駅から徒歩数分のところにNEXT21はある。現地を訪れると、非常に特徴的な外観デザインと、テラスや屋上から空へそびえるように緑が延びる姿に驚かされる。思わず映画で観た天空の城を思い起こしてしまった。

1993年に誕生したNEXT21は環境共生住宅、長期優良住宅の実証モデルとして、スケルトン・インフィル(※)方式で建設された住宅だ。これまでにも外壁の移動をともなう大規模なリフォーム実験や、提案型プランの居住実験などの住まい方、自然との共生や都市コミュニティなどの観点からいくつもの実験が行われてきた。現在は第4フェーズとして、少子高齢化社会に対応した住宅の居住実験や次世代エネルギーシステムの実証実験がスタートしている。

※スケルトン・インフィル
建物の骨組みをつくる構造躯体と住戸を分離することにより、住戸の設計の自由度を確保し、長期耐久性を持つ躯体を傷つけずに住戸が改修可能

【画像1】地上からNEXT21を見上げると、屋上に森があるのかと思ってしまう(写真撮影:筆者)

【画像1】地上からNEXT21を見上げると、屋上に森があるのかと思ってしまう(写真撮影:筆者)

【画像2】NEXT21の内部は立体街路と緑化により、建物自体が独立した街のようにも思えてくる。屋上には飛来する鳥たちが落とした種から、新しい木が育っているそうだ。住宅や建築に興味がある方なら、一度は見ておきたい建物だ(写真撮影:筆者)

【画像2】NEXT21の内部は立体街路と緑化により、建物自体が独立した街のようにも思えてくる。屋上には飛来する鳥たちが落とした種から、新しい木が育っているそうだ。住宅や建築に興味がある方なら、一度は見ておきたい建物だ(写真撮影:筆者)

NEXT21では、設計パートナー・コンペティション「2020年の住まい」の最優秀作2プランの住戸が完成し、ちょうど見学会が開催されているところだ(11月28日まで)。このコンペは分譲マンションデベロッパーが対象とされ、リアリティ高く時代のニーズをくみ取ったプラン提案が求められたもの。今後、分譲マンションにも普及していく可能性を秘めたプランだと考えても良いだろう。早速2つのプランを見ていこう。複数世帯居住への挑戦、4人の女性(Girls)が暮らす「4G HOUSE」

404号室は大京が提案した「4G HOUSE」。「祖母、母、私、娘」という4世代(Generation)、4人の女性(Girls)の暮らしを想定したことからこの名前が付けられた住まいだ。少子高齢化、離婚率の増加などで2020年には単身やふたり世帯が増え経済的基盤も弱くなることが考えられている。しかし、そのことをネガティブに捉えるのではなく、離れていた家族が再び寄り添う暮らし方や、世帯や世代の枠を超えていきいきと永く暮らしていける、未来型の住まいの姿が提案されている。

【画像3】LDKの役割を担う「みんなの部屋」を中心にしたプラン図。多世代&多世帯が一緒に暮らすための細やかな心配りも施されている(間取図提供:大阪ガス)

【画像3】LDKの役割を担う「みんなの部屋」を中心にしたプラン図。多世代&多世帯が一緒に暮らすための細やかな心配りも施されている(間取図提供:大阪ガス)

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会