ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android OSの生みの親であるAndy Rubin氏がGoogleを去る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android OS の生みの親として知られる Andy Rubin 氏が Google を退職することを決めたそうです。Wall Street Journal が伝えました。Rubin 氏は 2005 年に Google に買収された Android 社の共同設立者で、買収後は Android 部門のリーダーを務めてきましたが、2013 年にその座を今の Sundar Pichai 氏に譲り、同氏は Google のロボット部門のリーダーを務めてきました。Rubin 氏の退職理由や今後の活動内容は公式には明らかにされていませんが、WSJ の報道によると、同氏はハードウェアの開発に興味を持つスタートアップ企業を育成するためのインキュベーターを開始する計画とのことです。Rubin 氏の後任には Google の無人自動車プロジェクトに 5 年間携わるなど、ロボット分野ではベテランの James Kuffner 氏が就くことになっています。Source : WSJ


(juggly.cn)記事関連リンク
Android版Google Playブックスがv3.2.55にアップデート、アプリUIが刷新、ページを飛ばしたり、しおり間をジャンプできるSkimモードが追加
NTTドコモ、「かんたんスマホ講座」を11月1日より提供
RuntasticのAndroid版がGoogle Fitをサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP