ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もう雪道は怖くない?!かわいくて機能性も抜群な、今冬おススメのスノーブーツ3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

北海道からは雪の便りが聞こえてくる今日この頃、関東でもめっきり寒さが厳しくなってきた。となるとそろそろ気をつけないといけないのが「雪」対策。市街地は大丈夫~なんて軽く考えていると、予想外の大雪で右往左往…、なんてことも。そこで今日は、編集部オススメの、機能的ながらオシャレ心ある新作スノーブーツをご紹介。街中のカジュアルシーンでもOKのものばかりなので、今からチェックして来るべき大雪に備えよう。

1.【Teva®(テバ)】「JORDANELLE 3 WP(ジョルダネール 3 ウォータープルーフ)」
まずは、フェミニンな色遣いとデザインが、今オシャレ女子の間で話題になっているスノーブーツを。取り外せるインナーブーツの柄にもこだわったデザイン。デニムと合わせて街でもかわいく着こなせるほか、強力なグリップ力を発揮する「White Spider ラバー」を採用しているので、スノボに行くときにももちろんOK。また、折り畳んで収納できるパッカブルタイプなので、オフィスに持ち込んだりするときにも最適。価格は、16,800円+税。(http://jp.teva.com/

2.【ヨネックス】「LC71」
この商品のデザイン上の最大の特徴は、折り返すとショートブーツとしても使えるところ。その日の服装に合わせ、2wayで楽しめる。また、濡れた路面でのグリップ性を向上させた「新アイスキャッチ®ソール」を採用しており、雪道での安心感も抜群。さらに、ライニングとインソールに「ヒートカプセルダブル」を採用し、靴内もぽかぽか。まさにデザイン性と機能性を兼ね備えた究極ブーツ。18,000円+税。(http://www.yonex.co.jp/news/2014/10/1410170600.html

3.【ザ・ノース・フェイス】「W Nuptse Bootie WP II(W ヌプシブーティーウォータープルーフII)」
昨年も大好評だったこのシリーズ、昨年と比べ外見上の変化は最小限だが、インサレーション(中わた)素材、アウトソール(靴底)ラバー素材など見えない部分がバージョンアップし、より快適な履き心地に進化している。どうしても単色のブーツが多くなりがちななか、柄ものの展開があるのもポイント。14,500円+税。(http://goldwinwebstore.jp/ec/cmTopPage.html

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP