ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

360度撮影カメラ『RICOH THETA』にニューモデル! 動画撮影などに対応

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2013年に発売された『RICOH THETA』(以下THETA)は、1ショットで“全天球イメージ”360度の撮影ができるカメラとして、話題を集めた。
その『THETA』のニューモデル(型番:RICHO THETA m15)が2014年10月28日に発表された。

日本科学未来館で行われたリコー新製品発表会に登場した、新しい『THETA』は4色のカラーバリエーション。
外見は前モデルとの大きな差は無い。色以外であえて挙げるなら、表面の樹脂の質感が異なる点であるが、正直、両方比較しないとわからない程度だ。

新型『THETA』はは通信速度が最大約2倍、そして全天球動画撮影が可能となっている。これまで通り1ショットで360度の静止画撮影ができるのはもちろん、一定間隔でシャッターを切る“インターバル撮影”にも対応している。

動画はPCに取り込み、アプリを経由することで“全天球”状態で閲覧することができる。リアルタイムに動かせるので、その場にいるかのような臨場感が特徴だ。
もちろん、マージする前の2画面(2レンズ分)の動画として観ることもできるし、パノラマ上の平面動画として観ることもできる。

撮っている人の目的の無限性があるデバイス

株式会社リコーイメージングの赤羽昇社長は『THETA』の位置づけを「第三領域」と呼んだ。これまでのカメラなどとは異なり、個性を強くすることで存在価値が出る、という考え方だ。

メーカーサイドは様々な活用シーンも想定しながら商品提供を行うものの、それ以上に「買った人が目的と楽しみ方を広げてもらう」ことの出来るくらい自由度の高い製品である、と説いた。「撮っている人の目的の無限性」「クリエイティブな用途はもちろん、日常で視点の変化を楽しめるような人であれば誰でも『THETA』を使ってみてほしい。もちろんビジネスでもOK」と続けた。

発売は2014年11月14日から

『THETA』発売は2014年11月14日から。リコーのwebサイトで28日から予約販売も行う。オープン価格だが店頭予想価格はおよそ35,000円(税込)程度を想定しているとのこと。カラーはホワイト、ピンク、イエロー、ブルーの4色だ。

RICOH THETA
https://theta360.com/ja/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
wosa / おさだこうじの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP