ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

知識不要であなたも作曲家に!指先でラインを描くだけで交響曲が完成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「音楽を聴くのは好きだし、興味はあるけど、作曲するとなるとなかなか……」なんていう人もいるだろう。作曲体験があるのは少数派かもしれない。これまで関心はあれど手が出なかったあなたには、「HarmonyWiz」というアプリはいかがだろう。

 

 

Dream Theaterメンバーが開発、指で描くだけで作曲!

著名なプログレッシブバンドDream Theaterのメンバーで、キーボーディストのJordan Rudess氏が開発に加わったiOS向けアプリ。音楽作曲の初心者からプロまで、幅広く使えるものだという。「HarmonyWiz」では、指でラインを描くだけで、アプリが勝手にアレンジを実行してくれる。ただ描くだけで交響曲が作れてしまうのだ。

メロディラインに合わせて自動でアレンジ生成

デバイスは画面に描きやすいiPadがよいだろう。アプリの画面上部には作曲した楽譜が表示され、その下の部分は演奏する部分になる。ユーザーはそこに指でタッチし、線を自由に描く。すると、アプリが即座に線を音符に変換し、ひとつのメロディラインとして再現する。または、ピアノスタイルのキーボード表示に切り替えて、鍵盤を押して演奏することもできる。

そうして出来上がったメロディラインに合わせて、“hwボタン”をポンと押すだけで、自動的にハーモニーが生成され、1つのシンフォニーとしてアレンジが完成する。まるで魔法のようだ。

初心者からプロまで幅広く有用

ハーモニーは“数字付き低音”の表記法でアウトプットされる。Baroque、Contemporary、Smooth、Free、Openの5つのハーモニックスタイルからチョイスが可能。もちろん、自らアンサンブルを作成してもよい。

作成したアレンジには自由に手を加えることができ、コピーペーストしたり、ある音符部分だけを調整したり、なんていうことも思いのままだ。

Rudess氏がこれまでの音楽活動の中で培った知識やノウハウをバックボーンにして、開発されたこのアプリ。音楽アプリの「AudioBus」や「AudioShare」とも連動するという。

特に音楽や作曲の知識がない人が、ゼロスタートで楽譜の表記や作曲について学ぶ教育ツールとして、あるいは純粋な作曲ツール、演奏のためのツールとして楽しむことができるほか、プロの演奏サポートにもなり、幅広いニーズに対応してくれそうだ。「HarmonyWiz」アプリは9.99ドルで提供中。

HarmonyWiz

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP