体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『トラック野郎』でデコトラを装飾した金沢区幸浦にある「トラックショップなかむら」に突撃!

映画『トラック野郎』でデコトラを装飾した金沢区幸浦にある「トラックショップなかむら」に突撃!

横浜のココがキニナル!

映画トラック野郎に撮影協力した幸浦にある『トラックショップなかむら』どんなパーツを売っているのかキニナル。デコトラのドライバーさんも買いに来るの?(sakiさんのキニナル)

はまれぽ調査結果
販売されている商品はデコトラをイメージさせる派手なものは少なく、内装品が中心。当時デコトラドライバーだった人が良く買いに来ている!

惚れっぽくて喧嘩っ早いが情に厚いトラック運転手の「一番星」こと星桃次郎(菅原文太)と、「やもめのジョナサン」こと松下金造(愛川欽也)のコンビが活躍する娯楽映画『トラック野郎』シリーズ。

若い方はご存じないかもしれないが、1975(昭和50)年に第一作が公開されて大ヒットとなり、その後5年間で10作が制作されたアクションあり、お色気あり、そして笑いありの娯楽活劇である。

映画『トラック野郎』でデコトラを装飾した金沢区幸浦にある「トラックショップなかむら」に突撃!

映画『トラック野郎』シリーズのポスター(トラックショップなかむら店内にて)

そんな『トラック野郎』の撮影に協力した店が横浜にあるという。

懐かしく思い出した筆者は、取材に先立ってDVDで初期の作品を改めて観てみた。
すると、冒頭で「協力:トラックアクセサリー専門店塚本屋中村商店」との字幕スーパーが表示され、映画にも店舗が登場する。

さらに、一作目の「一番星号」は横浜ナンバーで、相棒の「やもめのジョナサン」は川崎市在住という設定だった。映画自体も横浜や川崎に縁があったのだと、なんだか嬉しくなって幸浦の「トラックショップなかむら」へ向かった。

映画『トラック野郎』でデコトラを装飾した金沢区幸浦にある「トラックショップなかむら」に突撃!

金沢区幸浦にある「トラックショップなかむら」

映画『トラック野郎』のデコトラを装飾した店だった

「元々は、父が青木橋(神奈川区)で中古の車部品を扱う塚本屋中村商店という店をやっていたんですよ」と中村秀夫社長。

映画『トラック野郎』でデコトラを装飾した金沢区幸浦にある「トラックショップなかむら」に突撃!

「トラックショップなかむら」の中村社長

中村さんが店を手伝うようになったころ、車部品に加えトラックのアクセサリーも扱い始めたところ、それ目当てのお客さんが増えていった。

塚本屋中村商店はトラックアクセサリーショップとして日本の草分け的な存在となり、トラック運転手たちの口コミで徐々に人気が広がっていった。

そのうちテレビなどで「派手に飾られたトラック」が紹介されるようになる。そこからヒントを得て制作された映画『トラック野郎』が大ヒット。デコレーションされたトラックは、「デコトラ」と呼ばれ、幅広い世代に知られるようになっていく。

映画『トラック野郎』でデコトラを装飾した金沢区幸浦にある「トラックショップなかむら」に突撃!

現在のデコトラ。これでも当時に比べるとかなり控えめ
(写真提供:トラックショップなかむら)

1 2 3次のページ
はまれぽ.comの記事一覧をみる

記者:

『はまれぽ.com』は横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。 毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。 はまれぽが体を張って徹底調査、ディープでマニアックな横浜のネタを配信しています。

ウェブサイト: http://hamarepo.com/

TwitterID: hamarepo

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy