体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ベイマックス』を世界最速で鑑賞したぞ! ディズニー最新作は“ヒーロー誕生”の物語だった[映画レビュー]

★baymaxメイン

12月20日(土)より日本公開となる、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作『ベイマックス』。本作は、天才科学者の少年ヒロと、事故で亡くなった兄タダシの残したケア・ロボット“ベイマックス”が繰り広げる感動アドベンチャーです。

現在開催中の第27回東京国際映画祭オープニング作品として『ベイマックス』が上映されるにあたり、ドン・ホールクリス・ウィリアムズ両監督、プロデューサーを務めたロイ・コンリ、さらにウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのエグゼクティブ・バイス・プレジデントであるアンドリュー・ミルスタインに加え、チーフ・クリエイティブ・オフィサーのジョン・ラセターまでもが来日。本作が「ディズニーから日本へのラブレター」「日本文化への恩返し」と称されるだけあって、ディズニーのVIPが都内に集結する異例の待遇となりました。

そんな中、筆者も一足お先に本作(2D字幕版)を鑑賞。映像が凄い! ストーリーが凄い! というのはディズニー映画の大前提として、ネタバレしない程度に見どころなどを紹介したいと思います。

『ベイマックス』は“ヒーロー誕生”の物語

横640_ベイマックス場面写真

まず初めに告白しておきます。『アナと雪の女王』で歴史を塗り替える驚異的大ヒットを記録した後、ハードルが上がりきってしまったディズニーの次回作は大丈夫なの? と一瞬でも思ってしまった自分を今となっては恥じています。今作も疑いようのない傑作でした。ディズニーの王道である、いわゆる“ディズニープリンセス”とは異なるラインのため、一概に比べる必要もないのですが、個人的には『アナ雪』よりも大好きな作品となりました。

ストーリーは端的に言えば“ヒーロー誕生”の物語です。これは原題が『BIG HERO 6』であることからも決してネタバレではありません。さらに、謎の事故で最愛の兄タダシを失った天才少年ヒロが、人々の心と体を守るために兄が開発したケア・ロボットのベイマックスと共に、兄の死の真相を探ろうとする“ミステリー”ものでもあり、もちろんハラハラ・ドキドキの“アドベンチャー”ものでもあります。

ヒーローが主役ということは、当然ながらその敵役も登場します。面白いのは、ベイマックスが戦闘力ゼロの優しすぎるロボットだと言うこと。非力ながら科学的な才能に秀でたヒロと、人を傷つけることを禁じられたベイマックスは、さまざまな”K.U.F.U(工夫)”によって力に勝る強敵と対峙(たいじ)します。本作のテーマは「優しさで世界を救えるか?」。主人公たちが科学の知識とアイデアで力に勝ろうとする“サイエンス”ものの要素も含まれながら、言わずもがな、最後にはディズニーが誇る“ファンタジー”の世界観で我々をアッと驚かせてくれるのです。

才能を人のために活かせずにいたヒロがベイマックスと出会い、自分の役割と生きる道を見つけ、ヒーローとして生まれ変わる瞬間には思わず涙しました。彼らが科学の知恵と優しさで強敵に立ち向かうときのカタルシスは最高です! ちなみに、『BIG HERO 6』の“6”って何のことなの? って気になりますよね。それは劇場でのお楽しみです。

ディズニーの日本愛がハンパない!

『ベイマックス』0825解禁<サンフランソウキョウ>写真

すでに場面写真も解禁となっている本作の舞台“サンフランソウキョウ”は、サンフランシスコと東京を融合した架空都市。その細部にまでこだわりがたっぷりと詰まった街並みは、ストーリーそっちのけで見ているだけで楽しくなる映像でした。ベイマックスがヒロを乗せてサンフランソウキョウのあちこちを飛行するシーンがあるのですが、おそらくあの場面は3D鑑賞用の演出と思われます。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。